No.13. 猫短歌・猫俳句・猫川柳(二〇〇三年二月十八日)

くーたん様

  • 目の前で 猫くしゃみして 顔じゅうに かかりしつばき 拭う我
  • むりやりに 抱きつき猫が 前足で ふんばっている 意思表示
  • 猫様の 食べ残しとは 気が付かず 口に掘り込み マァいいか
  • 猫達に いっぱい愛を 与えると 思っていたのが 与えられ
  • 春近し 猫とお昼ね うとうとと これ以上の 幸せ無し
  • 猫あくび 私もあくび 春はすぐ
  • 砂まいて 誰がしたのと 猫に問う わしゃ知らぬと そっぽむき

猫とトイレ

猫まねき様

  • 用足して 無心に砂かけ チョー真剣 そんなにクサイの したんか君は

yukiyo様

  • おほほのほ よそんちのトイレ いとおかし うちでは やるなよ ママ怒る!

紅子様

  • 用足して 必死に砂かけ 気が付けば なぜかお外に 例のもの

はるちん様

  • 用足しに 行けば幼児が ・・・・・大惨事

猫トイレと幼児

トロンボーン

  • トロたんめ 巨大なモノを 落としたな 隣の部屋まで 臭いただよう
  • 賢いなあ 誰も教えぬ 子猫さえ 小さなおててで せっせと砂かけ
  • 犬の奴 猫爪煎じて 飲ませたい したあとくらい せめて隠せよ

猫トイレ中

 

猫顔アイコン No.12へ戻る←  →No.14へ進む 猫顔アイコン