投稿 猫詩・猫短歌・猫俳句・猫川柳・猫漢詩(29~32)

猫短歌ほか

その29. (二〇〇五年四月七日)

きな様:短歌

 長い間野良猫だった百福ちゃん。てんさんの家に迎えられ、半年後に初ゴロゴロを鳴らすことができました。 その百福ちゃんによせられた歌。

  • 春が来て 小さな地鳴りを猫に聴く  一から重ねた 百の幸福
猫団子

にゃぐ様:俳句

  • ぺったんと 出窓にスタンプ 春の午後
猫肉球

.

その30. (二〇〇五年八月一日)

nekohon:俳句、川柳、短歌

真夏の暑さにうだる猫たちを見て

子猫
  • 猫が落ちて夏
  • だらだらと舐めてくれる舌先 暑い
  • 子猫だけは元気
  • 後ろ足で掻くたびに舞飛ぶ抜け毛 汗ばんだ腕に貼り付くから止めてくれ
  • 台風はイヤだが・・・・・涼しくなるので少しだけいい、でも被害は出るな
  • 熱帯夜 甘え猫さえ 離れて寝
  • 熱帯夜 暑くて良いから 一緒に寝てよぉ
  • 夏すぎて涼しくなるは良いが 秋も換毛期だ 勘弁してほしい
猫団子

.

その31.(二〇〇五年十一月十六日)

まり様:短歌

  • 「よりめ」って 僕の魅力を 三文字で ママは言うけど それって旨い?
    トロたん、ココロの一首
neko

nekohon:短歌

  • かわいくて 超たのしくて 大好きよ それを縮めて 「よりめ」というの

トロ(?)

  • たべれなきゃ いみないじゃんか うまいもの おいしいものが ぼくはすきにゃ

愛猫トロは目千両役者

cast様:詩

*nekohonさんへ贈る詩

「猫団子」

猫が布団一面に眠っている 
この景色は胸が躍る思いだ
人の周りで布団の重しになっていたのが
いつのまにか
人のひざを拘束するように乗っかっている
ところによっては
人の姿さえ見失うほど 密集しているところがある
この景色は胸が躍る思いだ
のびのび寝られるときは どんどんのび広がるがいい
そして同居人が困ろうとも 豊かな抜け毛をどっさり残すことだ

*「この景色は胸が躍る思いだ」はnekohonさんには「胸が潰れる(窒息)思いだ」 かにゃ?(汗

【元の詩】 「雑草」 北川冬彦

雑草が 辺りかまわず のびほうだいにのびている。
この景色は胸のすく思いだ、
(著作権法に配慮し以下は略させていただきます)

.

その32.(二〇〇六年三月二四日)

まり様:短歌

  • やってみせ 言って聞かせ させてみて
     褒めてやらねば 人は動かじ
          褒めて差し上げても 猫は動かじ 

やってみせ 言って聞かせ させてみて
褒めてやらねば 人は動かじ  
    松下幸之助

・・・だいたい「させてみて」が問題なわけです。ひめだったら血をみます。2006.3.24

猫
ひめちゃん(左)と富士くん(右)

nekohon:短歌

  • 鳴きわめき 猫パンチして 噛みついて 何が何でも 人を動かす

・・・という猫ならいますよね?2006.3.24

猫

「悪かったわねっ 
でもアタイが猫パンチして噛みつくのは、たまたま近くにいた猫よっ 
ママのことを猫パンチはしにゃいわっ」 
おつう

まり様:詩のパロディー画

猫「汚れちまった片足は今日もうんちの香りする」

汚れちまった片足は
きょうも
うんちの
香りする

ちびちゃん  2006.03.25

nekohon:短歌

猫トイレ中
  • くちゃすぎて 猫砂かけて 埋めきれぬと ママには告げよ ボクの作品

わたの原 八十島かけて こぎ出でぬと 人には告げよ あまのつり舟
参議篁

.

皆さまの作品募集中!

皆さまの力作・名作を常時募集しております。どうぞお気軽に応募ください。
投稿の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA