疥癬タヌキ兄弟(1)

タヌキ

トレイルカメラに写ったタヌキたち。
ブンブンでも、サンサンでも、コイコイでもない。
初めて見る顔です。
今年生まれの子ダヌキ兄弟でしょう。

しかも、またまた疥癬。

(以下、トレイルカメラ画像のものは画質がかなり悪くなります、すみません。)

疥癬症のタヌキ

体の小さい方はほぼ全身の毛が抜けてしまっています。
かわいそうに。

疥癬症のタヌキ

もう一頭の方は、一見、毛はふさふさですが、お尻のあたりがボサボサし始めていますし、なによりしきりに体を掻いています。
この子も疥癬にかかっています。

疥癬症のタヌキ

気づいたその日に、すぐに薬を注文しました。
タヌキの好きなパンもたっぷり買ってきました。

問題はこの子たちが通ってきてくれるかどうか。
なんせ野生動物。
向こうの方からきてくれなければ、私にはどうしようもありません。

望みは、まだ子ダヌキだということ。
親と別れてしまった、あるいは親離れ直後の子ダヌキは、まだ餌捜しが下手ですから、一度よい餌場を見つけると、続けて訪れる傾向が強いです。
まして弱っている子には、安易に良い食べ物が得られる場所は貴重なはずです。
通ってきてさえくれれば、治してあげられるのよ。
通っておいで!

と、祈っていたら、

疥癬症のタヌキ

また来てくれました。
しかも、あっさり餌付けされちゃった!

疥癬症のタヌキ

今までの経験からタヌキが大好きなパンの種類はわかっています。
それをちぎって庭にまくことからはじめたら、パンがよほど美味しかったのか、翌日にはもう私が投げるパンをその場で食べるじゃないですか。
子ダヌキは警戒心より食い気。
大人のタヌキだと、どれほどの大好物で釣っても、絶対にこうはいきません。
さすが今年生まれ、まだウブすぎる子たち。

そして、薬も買えたので、早くも1回目の投薬成功!
すばらしいスピード展開です。

名前は、大きい方はジャンジャン、全身禿げてしまった子はミンミンにしました。

疥癬症のタヌキ
疥癬症のタヌキ

あとは、治るまで通ってくれることを祈るばかりです。
車にはくれぐれも気を付けて!
治療途中で轢かれてしまったタヌキもいるので、それが何より心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA