「ニャンとも清潔」と「デオトイレ」の本体比較

2019年に購入した「花王:ニャンとも清潔トイレ オープンタイプ」と「ユニ・チャーム:デオトイレ オープンタイプ」を徹底比較します。

外箱の比較

どちらも似たようなサイズでした。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

セット内容の比較

デオトイレは、トイレ本体・スコップ・専用砂・専用シート1枚と、パンフレット。

デオトイレ

デオトイレ

「ニャンとも清潔トイレ」は、トイレ本体、スコップ、脱臭・抗菌チップ大きめの粒 2.5リットル、脱臭・抗菌シート4枚入りと、パンフレット。

ニャンとも清潔トイレ

ニャンとも清潔トイレ

本体:全体像

外見はよく似ています。ちょっと見ただけではどちらかわからないくらいです。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

本体サイズは、横幅は同じ、奥行きは「ニャンとも清潔トイレ」の方が少し長くなっています。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

奥の壁の高さはどちも同じですが、出入り口の高さは0.5cmほど「ニャンとも清潔トイレ」の方が低いです。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

出入り口の踏み板(?)部分は、「デオトイレ」が約4.5cmに対し、「ニャンとも清潔トイレ」は約5cm。

横壁の立ち上がりは、「デオトイレ」がゆるやかな流線形に上がっていくのに対し、「ニャンとも清潔トイレ」はもう少し鋭角に(ってほどでもありませんが)立ちあがっています。その結果、2019年のリニューアル前は「ニャンとも清潔トイレ」の方が全体的に丸っこいイメージだったのが、リニューアル後は「デオトイレ」の方が丸みを帯びたイメージに代わりました。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

本体:すのこ部分

「ニャンとも清潔トイレ」の方が少し縦長で、スノコの広さも違います。全体のつくりとしては、深さといい、カーブの具合といい、とてもよく似ています。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

重ねてみました。よく似た形状ですね。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

スノコ部分の広さの違いは、かなりはっきりしています。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

.

ところでスノコトイレで一番困るのは、穴から砂がこぼれ落ちてしまうことです。穴より大きい砂粒の猫砂を使うことが大条件となります。

ニャンとも・デオトイレの各純正砂のうち、粒が一番小さいのは 【脱臭・抗菌チップ 極小の粒】です。

脱臭・抗菌チップ 極小の粒

脱臭・抗菌チップ 極小の粒

この粒をすのこの穴に乗せてみます。まずは「ニャンとも」の方。当然ですが、穴より砂粒の方がギリギリ大きく、落ちることはありません。

ニャンとも清潔トイレ

「デオトイレ」も同じような感じでした。これならどちらのどの純正砂でも使えそうです。

デオトイレ

とはいえ、どちらのトイレも、砂粒が湿気て柔らかくると、何個かは穴に挟まって詰まります。そうすると取り除くのは少々手間です。

本体:採尿トレイの比較

これは見るからに大きさに違いがありました。「ニャンとも清潔トイレ」は「デオトイレ」より一回り大きいサイズです。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

重ねてみます。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

向かって左下部分の下の角を合わせました。横幅の広さの違いがわかりますでしょうか。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

外寸の高さは約1cm、内寸(=深さ)も約1cm違います。「ニャンとも清潔トイレ」の方が高くて深い。

なお、外寸ー内寸が「デオトイレ」では約0.3cm、「ニャンとも清潔トイレ」では約0.2cmとなっていますが、これは「デオトイレ」の底には約0.1cmのでっぱりがあるためであり、素材の厚みが「ニャンとも清潔トイレ」の方が薄いためではありません。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

どちらも、トレイの向きを前後いれかえて使うことができます。これは良いですね。

デオトイレ

ニャンとも清潔トイレ

このトレーに採尿シート(マット)を敷くことになりますので、両社に互換性があるかどうか検証します。

試したのは、「ニャンとも」純正「脱臭・抗菌マット」「脱臭・抗菌シート」、「デオトイレ」純正「消臭シート」、それから比較の対象として、アイリスオーヤマ社ペットシーツレギュラーサイズです。

ニャンとも・デオトイレ比較

ちなみに、シート類のサイズ差はこんな感じ。縦(長さ)は大差ありませんので、横幅の差がわかりやすいようにずらして置いて撮影しました。

ニャンとも・デオトイレ比較

上から、

  • デオトイレ(約)縦43cm x 横幅29.5cm(うち吸収部分24.8cm)
  • レギュラーサイズペットシーツ(約)縦44cm x 横幅33.0cm(うち吸収部分28cm)
  • ニャンとも(約)縦45cm x 横幅35.5cm(うち吸収部分30.5cm)

*注:いずれも管理人による実測値。

まずは、「デオトイレ」にデオトイレ純正シーツ。当然、ジャストフィット。

デオトイレ

「にゃんとも」にデオトイレ純正シーツは、少し小さい感じ。縦幅はよいのですが、横に少し隙間が空きます。

ニャンとも

つぎ。

まずは「ニャンとも」にニャンとも純正シート。当然、ジャストフィット。

ニャンとも

「デオトイレ」にニャンとも純正シートははみ出ます。

デオトイレ

でも、周辺のピラピラ部分を折り込み、さらにコーナーを抑えながらセットすれば

デオトイレ

この通り、ちゃんと入ります。これなら使えそう。

デオトイレ

レギュラーサイズのペットシーツでも、「ニャンとも」はわずかに小さく感じ、一方「デオトイレ」でははみ出ます。猫がじゃまですね。

ニャンともとデオトイレ

しかし、周辺を少し折れば大きな問題も無く使えます。

ニャンともとデオトイレ

最後に。

「ニャンとも」に旧ニャンとも純正マット。気持ちよくジャストフィット。

ニャンとも

当然、「デオトイレ」でははみ出ます。シートのように折り込むことはできませんから、どうしても使いたい場合は、なんらかの方法で切断するしかないでしょうね。

デオトイレ

本体:下部部分の比較

すのこ部分の、さらに下の部分の比較です。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

大きな違いは、トレイを引き出すと、「デオトイレ」は穴が空いていますが、「ニャンとも清潔トイレ」の方は全面に底板があることです。すのこの穴からこぼれ落ちるほど小粒な猫砂を使う場合や、もしあなたの愛猫が掃除のためにトレイを引きだした瞬間にトイレに飛びこんで排尿するクセがあるなら、「ニャンとも清潔トイレ」の方が安心でしょう。でもトレイの構造は「ニャンとも清潔トイレ」の方が少し複雑で狭い溝が多く、きれいに洗って拭くにはそれだけ手間がかかります。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

なお、「デオトイレ」では、全体が一体化していて、上部を持つと全体が持ち上がります。掃除などでトイレを頻繁に持ち上げたり移動させる必要がある場合は、一体化していると使いやすいでしょう。

デオトイレ

「ニャンとも清潔トイレ」は、上部と下部にわかれます。上部を持って持ち上げると下部は残ります。トイレの位置をあまり動かさない使い方であれば、下のシートチェックの時など、トレイを全部引き出さなくても、ひょいと持ち上げれば全体を見ることができて便利です。

ニャンとも清潔トイレ

スコップの比較

「デオトイレ」の方が少し大きい。

デオトイレ、ニャンとも清潔トイレ

穴の幅も、「デオトイレ」が0.8cm近いのに対し、

デオトイレのスコップ

デオトイレのスコップ

「ニャンとも清潔トイレ」の方は0.7cmと少し狭いつくりになっています。

ニャンとも清潔トイレのスコップ

ニャンとも清潔トイレのスコップ

先端の形状。「デオトイレ」のスコップは直線的で、床にぺったり付きます。広く平坦な底に使いやすい形といえるでしょう。

デオトレイのスコップ

「ニャンとも清潔トイレ」のスコップは、先端が丸くなっています。広く平らな部分で大きくすくいとるには直線的な方が有利だと思いますが、丸みを帯びた部分、とくに壁のコーナーカーブではこの形が使いやすいと思います。

ニャンとも清潔トイレのスコップ

遊び心の比較

「デオトイレ」は横に猫の顔。

デオトイレ

「デオトイレ」スコップの取っ手にも猫型の穴。

デオトイレ スコップ

「ニャンとも清潔トイレ」は、すのこの壁に猫模様。

ニャンとも清潔トイレ

「ニャンとも清潔トイレ」スコップは、形も穴も猫の手。

ニャンとも清潔トイレ

丸洗いしやすさの比較

どちらもパーツは多いし、すのこはあるし、拭きにくい狭い隙間はあるしで、・・・つまり、

どちらも丸洗いは面倒です(汗)

丸洗いしやすいのは、やはり、屋根もスノコもトレイも何もない、シンプルな箱型猫トイレ。

価格の比較

私が購入したとき、「デオトイレ」オープンタイプ・セット価格は2,800円くらい、「ニャンとも清潔トイレ」オープンタイプ・セット価格は3,500円くらいでした。価格差の大きな要因は、シートの枚数かと思います(「デオトイレ」は1枚、「ニャンとも清潔トイレ」は4枚がセットされていました)。

最新の価格は、下のリンクからお調べください。

*商品リンク【デオトイレ 本体セット】

*商品リンク【ニャンとも清潔トイレセット】

「デオトイレ」「ニャンとも清潔トイレ」それぞれの詳細は

下記ページをご覧ください。

結論。どちらがおすすめ?

正直、どちらでも同じようなものかと思います。以前は外見がかなり異なりましたが、今はデザインも使い勝手もほとんど変わらなくなりました。

「デオトイレ」の方が、猫砂やシートの選択肢は現在豊富です。でも「ニャンとも清潔トイレ」でも「デオトイレ」の猫砂は問題なく使えますし、シートも若干小さいものの使えないわけではありませんから、お好きな組み合わせでかまわないと思います。

強いていえば、ひとつのトイレを複数の猫がつぎつぎと使うなら、「ニャンとも清潔トイレ」の方が良いでしょうか。ほんの少しだけ「にゃんとも清潔トイレ」の方が広いですし、採尿トレイも大きく深いので、万が一大量にオシッコされてもあふれる危険が少ないかと(災害時などよほどの緊急時でない限り、トレイから尿があふれるなんてことは、あり得ないとは思いますが)。

「ニャンとも清潔」と「デオトイレ」の本体比較” に対して7件のコメントがあります。

  1. きなると より:

    検索でたどり着きました。
    現在箱型のトイレを使っているのですが、システムトイレの便利さが気になっていました。
    細かく比較してくださっていてとても参考になりました。ありがとうございました!
    このあと猫砂レポートも拝見させていただきます。

    1. nekohon より:

      ご訪問ありがとうございます。猫砂レポートではシステムトイレ専用砂もテストしていますのでどうぞご覧ください。

  2. mmwd より:

    とても詳細な比較内容で参考になりました
    先日デオトイレからにゃんともに替えたのですが、デオトイレで残ったシートが小さめだったので今後はトイレシートもにゃんとも専用に替えようと思います。
    他にも似ている様でも機能的にも色々違いがあるんですねー、細かく調べられていて面白かったです

    ありがとうございます!

    1. nekohon より:

      このようなコメントをいただきますと励みになります。ありがとうございます。少しでも参考になったなら幸いです。

    2. nekohon より:

      シートの大きさについて、記事内に追記しました。うかつにも新規購入者だけでなく、買い替えの方も少なからずいらっしゃることまで気が回らずにいました。アドバイスありがとうございました。

  3. ゆきこ より:

    とても参考になりました。ありがとうございました。

    1. nekohon より:

      少しでも参考になれば幸いです。

mmwd へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA