トフカスサンドK

トフカスサンドK

トフカスサンドK

材質:おから系
メーカー/販売元:株式会社 ペグテック

原材料 : おから、 炭酸カルシウム、 コーンスターチ、他
容量・サイズ : 7リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK
トイレに流せるか :流せます
土に戻るか : 戻ります
重量 : 普通=女性が2袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約4kg)

商品説明(パッケージ記載内容)

トフカスサンドK<極める>
良質素材派 クリーンピート
おからの猫砂
トフカスサンドK<極める>

<こだわり>
●トフカスサンドKは、厳選された良質のおからだけを使用しています。

<極める>
●良質のおからだけで作ることにより、おからのニオイを押さえた猫砂に仕上げました。

●油脂分の少ないおからなので、より強い固まりが実現しました。

●イヤナニオイを消し去ります。
おからのフラボノイド効果でしっかり消臭します。

●ホコリがたたない。
粒立ちが少なく、ホコリの心配もありません。

●トイレを汚さない。
砂が浅くなり底の部分で固まっても、こびりつきません。

●燃やせるゴミに出してもOK。
生ゴミと一緒に燃やせるゴミに出せます。

●トイレに流せて、手間いらず。
すぐに水にとけるので、オシッコ1回分ずつトイレに流せます。

●お庭に埋めてゴミ減量。
土に戻るので、お庭に埋めても安心です。

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

中くらいの、円筒形の粒です。
色は、クリームがかかった薄いベージュ。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

トフカスサンドK

トフカスサンドK

一緒に写っているのは十円玉と、みけの頭です。

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

良く固まっています。
実際に使った感想。
とてもよく固まります。とくに新しいうちは。
2回目のテスト時は湿気の多い梅雨時でしたが、それでも固まっていました。古くなると固まる力は弱まりましたが、最後までなんとなく固まっていました。

*袋の裏側の注意事項のひとつとして、
「固まりが弱くなる場合がございますので、製造日より2年以内に使い切ってください。
*製造日・・・袋裏面右下6桁の数字 麗)080401 2008年7月1日製造」
と、書いてあります。
使用期限を書いてある猫砂はめずらしいですね。でも、少なくともおから系の猫砂であれば、おからは元食品なのですし、使用期限はあってしかるべきという気もします。

尿の量や回数がわかりやすいか

わかりやすいです。
それから、排尿時の勢いも。
勢いよく排尿されると、あたったスポットがわずかに凹んで固まりました。そう、まさに「凹」の字の形です。

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

鼻を近づけて臭いを嗅げば、少しおから臭がします。
しかしおから系トイレ砂としては、弱い方です。
トフカスサンドもちょうどうちにあったので、比べてみたところ、トフカスサンドKの方がおから臭は少ないようです。
強いて言えば、トフカスサンドはオカラ臭で、トフカスサンドKは、おから+炭酸みたいな臭い?・・・と思ってから成分を見てみたら、「炭酸カルシウム」が入っていました。
この砂は、猫砂レポートを始める前にも一度購入したことがあったのです。おからは食べ物ですから、おから臭が強いと、猫さんが猫砂と認識できなかったり、時には食べてしまう場合がありますが、以前も今もうちの猫たちは全然全く問題ありませんでした。
とはいえ、猫さんの嗅覚は人間の倍も優れているそうですから、まったく初めておから系砂を使われる場合は、食べないよう注意してあげてくださいね。

◇ 脱臭力

とても良いと思います。
最後まで残った砂が臭くなりません。
全取り替えするとき、トイレに残った砂(未使用部分)を手のひらにすくって鼻の真下に持ってきて臭いを嗅いでみました。
開封直後より臭わない!?
開封直後の方が、オカラ臭+炭酸のような、独特な砂の臭いがします(強い臭いではありませんが)。
それが、 使用後は砂臭がさらに薄まっていました。ニオイが飛んでしまった?
もちろん、糞尿臭もしません(未使用砂の部分です)。
ほとんどの猫砂は、使っていると、未使用部分であるはずの粒も、なんとなく尿臭くなる砂が多いですよね。
中には砂全体が強くニオウようになってしまう砂も少なくありません。
多分、古くなっても尿臭くならないから、猫たちも、開封直後とかわらない使用頻度で使ってくれるのでしょう。
(もちろん、チー玉は尿臭がしますよ~している最中は当然しますが、した直後もわずかに暖かいニオイがします。堅く固まったチー玉でも、鼻を近づけてクンクン臭いを嗅げばします。でも普通の人間は多分そこまでクンクンしないだろうから、した直後でない限り、全然気にならないだろうと思います。
私の主張では、している最中は尿臭がした方が良いのです。実際の経験で、尿臭で病気に気がついたことがありますので 。)

↑↑↑

と、1回目の時は書いたのですが・・・

2回目のテスト時、古くなってから、砂全体が、すこぅしだけですが尿臭くなったかも。チー玉部分が臭いとかいうのではなく、全体的に臭いました。梅雨時という最悪の時期だったから?キャットフードが、昔は量産フードの比重が大きかったのですが、最近はプレミアムフードだけです。それで排泄物のにおいかたも多少ちがってきてるかもしれません・・・人間の鼻にはよくわかりませんが(汗)

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

ありません。

◇ 飛び散り

けっこう飛び散ってしまいました。
砂粒は大きさの割に軽いのと、それから、猫さんがよく埋めようとするからでしょうか。
こぼれた砂粒は、トイレ周辺にとどまり、 遠くまで運ばれることはありませんでした。
掃除は、ホウキとチリトリで簡単に済ませても大丈夫そうですが、古くなったり粒を踏むと粉に砕けるので、その場合は掃除機を使用した方がよいとおもいます。

◇ 猫足のもぐり具合

潜ります。
トロのように体重が重い上に良く掘る猫だと、かかとまでずぶずぶと・・・

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

↑濃い赤水。クッキリ鮮やかに赤です。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。
ピンク色なのがわかります。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
写真ではわかりにくいですが、肉眼なら、2のピンク色ももっとよく分かります。

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

少しアルカリ性寄り、のようです。

猫たちの評判

開封直後にものすごく好かれるということがないかわりに、古くなっても、開封直後と同じペースで同じように使っていました。
この砂と、一般に猫たちに人気が高い「鉱物系小粒」砂とを並べると、鉱物系砂が選ばれる回数が多くなりました。多分3回に2回は鉱物系、程度の割合?
人の目から見て、おから砂と鉱物系砂の大きな違いは、踏んだときの感触やもぐり感と思われるんですが?鉱物砂の方がより自然砂に近い感触ですし、おから砂の方が足がもぐります。
もしこの砂だけしかない場合は、問題なく使ってくれると思います。

その他

袋の上部に切取線があって、手で切れるようになっています。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

また、固まり方について。

袋の説明ではこう書いてあります。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

でも実際には、図のように横に広がって固まるのではなく、わりと縦型に固まります。
特に猫砂がまだ新しくて深さも十分にあるときは、縦型の固まりになりますね。
排尿に勢いがあると、表面が少し凹んだ形になることもあります。
↓この図の黄色い方が、実際の固まり方です。

トフカスサンドK

トフカスサンドK

古くなると、真新しいときほどカッチリとは固まりませんが、十分な固まりにはなってくれるので、不満はありません。

ところで、「トフカサスサンド」と、「トフカスサンドK」の違いがわからなかったので、1回目は、テストトイレには「K」の方を、別のトイレに「サンド」の方をいれて比べてみたのです。
結果は、使用感に関する限りは、違いというか差は無いみたい。
固まり方は、新品の時は「K」の方が堅いかな。しかし古くなると「K」の方が崩れやすくなり、全期間を通してみれば互角。
猫たちの使用頻度も同じくらい。
あきらかに違っていたのは臭い。
「サンド」はおから臭、「K」はおから+炭酸臭。無理に比較すれば、「K」の方が臭いません。
しかしこれも、並べて比べないとほとんどわからない程度の差かも?
人間の私は、もっとも好きな砂のひとつです。

実験期間、価格など

テスト期間:

【1回目】2006年4月23日夕方~5月11日夕方(18日)
【2回目】2009年5月18日朝~6月18日朝(31日)

2回目の時、テスト用でない方のトイレに、猫たちに人気な鉱物系小粒砂をいれていました。使用日数に大きな開きが出たのはそのためかもしれません。また、最近はプレミアムフードだけを与えているため、排泄量も昔より減っていて、それも関係あるかと思います(一般に、量産フードよりプレミアムフードの方が明らかに排泄量が少なくなります。)

1ニャン1リットルあたり/日:

【1回目】5.1日(1袋1ニャンあたり 36日)
【2回目】7.75日(1袋1ニャンあたり 54日)
【平均】 6.4日(1袋1ニャンあたり 45日)

全取り換えのタイミング:

砂が少なくなってトイレ底全体をおおえなくなった。

テスト時のネット価格帯:

【2回目】税込 630円~1260円(調査日:2009.5.19.)

1リットル当たりの価格帯:

【2回目】税込 90円~180円(調査日:2009.5.19.)

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA