トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


材質:木系
メーカー/販売元:常陸化工株式会社

原材料 : 主な原料:木のオガクズ、糊剤・香料
容量・サイズ : 7リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK   
トイレに流せるか :流せます(下の「固まり具合」の項も参照)  
土に戻るか : 戻ります
重量 : 軽い=女性が3袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約2.8kg)

商品説明(パッケージ記載内容)

MOKUSEI NEKOSUNA ひのき入
トイレに流せる木製猫砂

(1)しっかり固まる
当社独自の特殊製法により、しっかり固めてくずれないから、お掃除が簡単で衛生的に処理できます。

(2)優れた消臭力とひのきの香り
木の消臭作用と、固まり効果で臭いをとじこめ、ひのきの香りがお部屋をさわやかにします。

(3)大粒ペレットでちらかりが少ない
大粒のペレット状に成形してあるので、ネコちゃんの足に付きにくく、従来品に比べて格段にちらかりとホコリが少なくなります。

(4)使用後は燃えるゴミとして処理できる
主成分が木のオガクズだから、ご使用後は燃えるゴミとして処理できます。また、家庭用の生ミ処理機でコンポスト(堆肥)化して再利用もできます。

(5)使用後トイレに流せる
水にいれるとすばやく分解するので、固まった部分をトイレに流して処理できます。

(6)森林資源のリサイクルで環境にやさしい
森林資源で利用度が少ないオガクズが主原料だから、原料とゴミ処理の両面で環境にやさしい商品です。

(7)安全な製品だから使って安心
原料が天然素材と無害な精製品で高温殺菌加工してあり、安全な製品だから、人にもネコちゃんにも安心してお使いいただけます。

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

茶色い粒です。少し大きめなペレット。
表面はザラザラ多孔質です。

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


↑一緒に写っているのは十円玉です。

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


固まってはいますが、カッチリではありませんでした。
丁寧に取り出さないと崩れてしまいます。
 

実際に使った感想。

まあ固まりますが、固まる力は強いとはいえません。
掃除するときは、中心的カタマリのまわりに、濡れて色は変わっているけど固まってはいない(くっついてはいない)粒がこぼれ落ちたりしています。
砂が古くなって湿気てくると、ほぼ固まらなくなりました。
木系砂にはこういうタイプはよくあるので、「これも木砂」としか思いませんでしたが。
 
「トイレに流せる」タイプの砂に限り、さらに、30mlの水をかけてできた猫砂塊を4リットルの水に入れてみます。
投入直後は、浮いているのと、沈んでいるのと、半々。

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂

 
トイレの水を流す代わりに、しゃもじでグルグル。
たちまち崩れてきます。
トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


全部粉になって沈みました。
トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


 
※トイレの流水量は、大で平均13リットルだそうですが、節水型トイレの最少は、水没テストを始めた2010年9月時点で4.8リットルだったため、砂テストも4.5リットルでおこないました。その後、節水型トイレ最少は3.8~4.8リットルと進化(2012年3月現在)、それに伴い、砂テストも4リットルに減らしました。

尿の量や回数がわかりやすいか

新しいときは、まあわかります。
けれども、砂が古くなってくると、ばらけてしまって回数とかわかりにくくなります。
最後の方は全然わからなくなりました。

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

木砂お決まりのひのき臭。
弱いです。部屋に置いても邪魔にならない臭わなさ。
(いくら爽やかヒノキだって、強すぎるのは困りますよね。)
また尿を吸って古くなっても、変な臭いは移らず、ずっと弱いヒノキ臭のままなのは、とても良いと思いました。

◇ 脱臭力

小に関しては、尿臭はほぼせず、ほとんどいう事なしです。とても良いと思います。
大に関しては、あまり埋めてくれなかったといいますか、きっちり埋めてくれる子もいたんですが、どちらかといえば露出度が高めで、出ていれば当然臭います。
一般論ですが、粒が大き目な木砂・紙砂は、あまり埋めてくれないことが多いですね。仕方ない。

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

ほとんど出ません。
粉塵としてもうもうと立ち込めるホコリ、という意味では、まったく出ません。
こすれたりで崩れ落ちた粉はあります。袋をひっくり返してドッサーッと投入すれば、その粉が少し飛び散るかもしれません。
しかし普通のトイレ掃除では出ません。

◇ 飛び散り

飛び散ります。
軽いし、あしのうらにも、すこしつくのでしょうか、周辺に何粒か落ちている、という感じです。

◇ 猫足のもぐり具合

もぐりそうでいて、ただ乗っただけではあまり潜らない、が、動くと潜っていきます。
ザックザックと熱心に掘る子の場合は、ひじまでもぐっちゃいました。

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


↑濃い赤水。
よくわかります。
トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。
良く見ればわかりますが、気づきにくい程度の着色です。
トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
明るい所で肉眼で見れば、1と2の区別はなんとかつきます。
が、それはわかってみているからだけかもしれません。
急いでいる時、薄暗いとき、量が少ないときなどは、まずわからないでしょう。
3ははっきり赤いとわかりますけれど。

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂

 
弱酸性でした。

猫たちの評判

まあまあ使っていました。新しいときの方が評判は良いようです。
古くなってくると、見た目とくに湿気ているとかでなくとも、少し人気が落ちます。

その他

袋の上のところに
「切り口 ここから手で切れます」
と表記があり、袋に切り込みがあります。  

トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂


手で切ってみました。
美しい切り口、とはいきませんでしたが、楽に切ることが出来ました。
トイレに流せる木製猫砂

トイレに流せる木製猫砂

実験期間、価格など

 

テスト期間:

2013年6月17日夕方~7月1日夕方(14日間)  
 

1ニャン1リットルあたり/日:

3.5日(1ニャン1袋当たり 24.5日)  
 

全取り換えのタイミング:

・砂が少なくなってトイレ底全体をおおえなくなった。
・砂が湿気て固まらなくなった。    
 

テスト時のネット価格帯:

税込 398円~1110円(調査日:2013年8月10日)  

1リットル当たりの価格帯:

税込 58.5円~158.6円(調査日:2013年8月10日)

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA