アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ


材質:紙系
メーカー/販売元:株式会社サンメイト

原材料 : 主成分:再生パルプ、衛生材料、でんぷん、クリーンスカイ
容量・サイズ : 7リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK   
トイレに流せるか :流せます(下の「固まり具合」の項も参照)  
土に戻るか : 戻りません  

重量 : 軽い=女性が3袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約2.0kg)
*4袋だって持って歩けますが、袋が普通サイズに大きいので、4つ重ねて持つと歩きにくい。2袋ずつ手提げにいれて両側に持つなら余裕で家中4袋運べます。

商品説明(パッケージ記載内容)

アウトレット猫の砂
パルプエコ

かんたん 固めて流せるお手軽、清潔!
地球環境にやさしい紙製のネコの砂

この製品はアウトレット品のため、異なる色の粒や香のついた粒が混ざっている場合がありますが、品質には問題ありませんので、安心してご利用ください。

 トイレに流せる!
水溶性が非常に高いので、溶けるのが非常に早くサッと水洗トイレに流せます。

 しっかり固まる!
特殊製法によりしっかり固まりくずれません。トイレのお掃除もカンタンです。

 ホコリがたたず清潔!
一粒一粒をコーティングしているのでホコリがたたず、お部屋の中を清潔に保ちます。

 地球にやさしい再生原料使用!
再生パルプと再生原料を利用したリサイクル商品です。

 ”クリーンスカイ”配合で消臭・抗菌!
消臭能力の高い”クリーンスカイ”を配合していますのでおしっこの臭いを防ぎ抗菌作用にも優れています。

 飛び散りにくい!
愛猫の爪の間にも入りにくい大きさに造粒工夫し飛び散りを防ぎます。

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

白い粒ですが、あおみがかかっています。青い、というより、蒼い、という字を当てたくなる色です。
ペレット状(筒状)で、大き目ですが、とても軽い。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

↑一緒に写っているのは十円玉です。

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ


 
けっこうしっかり固まっています。
手のひらの上にゴロンと乗っかって崩れませんでした。

実際に使った感想。

十分な深さのある新しい砂の時は、コロリンコと固まりました。
古くなってくると、固まる力は少し弱まったものの、2つに割れる程度で、他の多くの砂のように、ポロポロくずれてすくい取れない、なんてことはありませんでした。
 
「トイレに流せる」タイプの砂に限り、さらに、30mlの水をかけてできた猫砂塊を4リットルの水に入れてみます。

 

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

最初浮かんでいて、その一部がゆっくり沈んで、でも10分くらい待ったのですが、全部は沈みませんでした。こんな感じ↑で、むしろ浮いたままの粒の方が多かったでしょうか。
紙砂特有の、ぬるっとしたゼリーに包まれたような形です。
中まで完全に浸水していて、触ると柔らかく、べちゃっとつぶれます。
かき混ぜているとやがて最終的には繊維にこまかく分解されていくみたいというか、まあ、トイレットペーパーを水に溶かしてゼリーも加えたみたいになり、太いトイレ排水溝なら問題なく流れそうです。
でも細かいメッシュがあればなかなか通れず詰まる危険があります。
もっとも、トイレ排水パイプにメッシュなんかないはずだから、まず大丈夫でしょう(あったらたちまちトレペやウン○が詰まっちゃいます)。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

で、なぜ細かいメッシュがあると詰まると書いたかと言えば、この実験後、水槽の水を捨てるとき、砂はあまり流したくなかったので(台所排水パイプはトイレパイプより細い!)、裏ごしなどに使う金属ザルを使って、濾して流そうとしたのです。 相当に細かいメッシュです。
結果、ゼリーがすっかり詰まって、濾過できなくなりました(汗)。
でもメッシュに詰まったゼリー状のものをヘラでこそげ取ってから、ザルをタライ水につけて洗ったら、ぬめりもたちまち溶け出てしまい、洗い落とすのは楽でした。
  
※トイレの流水量は、大で平均13リットルだそうですが、節水型トイレの最少は、水没テストを始めた2010年9月時点で4.8リットルだったため、砂テストも4.5リットルでおこないました。その後、節水型トイレ最少は3.8~4.8リットルと進化(2012年3月現在)、それに伴い、砂テストも4リットルに減らしました。

尿の量や回数がわかりやすいか

わかりやすいと思います。
濡れれば色が変わって、固まりますので。

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

冷えた紙のにおいの中に、ごくごくかすかに、香り付きの石鹸みたいな、いえ、石鹸そのものの香りじゃなくて、香付き石鹸についている何かの香料、そんな、とっても清潔だけどちょっと人工的な何か、を、感じました。
ひどい説明でごめんなさいですが、においを言葉で形容するのってきわめて難しい。

◇ 脱臭力

良いのではないでしょうか。
小はにおいません。
大は、粒の間から漏れ出づる芳香は、なんともしようがありません。
最後の使い古した砂は、顔を近づけてにおいを嗅げば、さすがに少しだけアンモニア臭がしましたが、気になるほどではありませんでした。

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

ホコリというか、細かい粉が、少量袋の底に落ちている程度です。
普段のトイレ掃除でホコリにむせるなんてことはありません。

◇ 飛び散り

軽いし、肉球にも少しつくようで、けっこう飛び散ります。
トイレ横に掃除道具もおいておいた方が良さそうです。

◇ 猫足のもぐり具合

潜ります。

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

↑濃い赤水。
めちゃ分かります。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。
濡れると青くなる性質が加わって、実際の水の色より、色が濃く出ました。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ

↑0=使用前の乾いた砂、1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
3はもちろん、2も、1の水とは歴然と違います。

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

アウトレット猫の砂 パルプエコ

アウトレット猫の砂 パルプエコ


 
弱酸性のようです。

猫たちの評判

大小ともふつうに良く使っていました。
大粒な砂ですが、ちゃんと掘って埋めていました。

実験期間、価格など

 

テスト期間:

2012年11月8日朝~2012年11月16日朝(8日間)  
 

1ニャン1リットルあたり/日:

2.0日(1ニャン1袋当たり 14日)  
 

全取り換えのタイミング:

砂が少なくなってトイレ底全体をおおえなくなった。    
 

テスト時のネット価格帯:

税込 360円~599円(調査日:2012年11月24日)  

1リットル当たりの価格帯:

税込 51円~85円(調査日:2012年11月24日)  

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA