クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂


材質:紙系
メーカー/販売元:株式会社ペットファースト

原材料 : 再生パルプ
容量・サイズ : 7リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK   
トイレに流せるか :流せません  
土に戻るか : 戻りません  
重量 : 非常に軽い=女性が4袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約2kg)

商品説明(パッケージ記載内容)

クマ笹の紙砂

葉緑素のチカラ・クマ笹の猫砂
毎日一緒にいてくれる大jな猫ちゃんに真心と感謝の気持ちで使いたい

【特徴】
●クマ笹の葉緑素が静菌、脱臭効果を高めます!
●無香タイプの砂で臭いに敏感な猫にも安心!
●白い砂でおしっこの色をチェック!
●小さく固まるので片付け簡単、経済的!
●紙なので燃えるゴミとして処理できます!

●クマ笹とは
日本とサハリン南部にしか自生しない熊笹は、昔から食品の保存に使ったり、切り傷・皮膚病などに塗ったりと、家庭などで幅広く用いられてきた薬草の一種。その抗酸化・抗菌・消臭パワーは、古くから注目され、近年では健康食品としても注目されています。

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

細かい、白い粒です。

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂

↑一緒に写っているのは十円玉です。

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂

わりとしっかり固まっていますね。固まりのまま、つまみあげることができました。
それに、紙砂としては、かなり小さく固まっています。粒が小さいからでしょうか。ふつうの紙砂はもう少し大きくべたっと固まるのが多いんですが。
実際に使った感想。
さいごまで固まりました。濡れると色が変わるタイプの砂ではないんですが、白い砂で液体の色が如実に出るので、普通に健康な少し黄色いオチッコなら、色が変わるタイプと同じくらいチッコ玉だけ色がついてわかりやすかったです。

尿の量や回数がわかりやすいか

わかりやすいです。
量や回数だけでなく、色もよく分かります。この点は健康チェックの意味で大きなプラス点だと思います。

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

緑茶みたいな青いニオイがかすかに・・・

◇ 脱臭力

紙砂として良い方じゃないでしょうか。
小は、している最中は当然ニオイますが、固まればニオイは漏れてきません。しかしチッコ玉に鼻をくっつけそうに近づけてクンクンすると、尿臭がします。これなら心配な場合はニオイによる健康チェックも可能でとても良いと思います。
大は、残り香が消えるのが、一部の鉱物系・おから系砂ほどは早くないものの、紙砂の中では臭わない方と思います。粒が小さいので、しっかり埋めてくれること+ウンPが包まれることの効果だと思います。紙砂でも粒が大きいと、埋めてあってもけっこう隙間からニオイが漏れ出でるということがありますけれど。ある程度の深さに敷いてあれば、そしてちゃんと埋めてくれる猫さんなら、相当ニオイを抑えられるんじゃないでしょうか。剥き出しの場合はさすがにニオイますけれど。

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

ありません。

◇ 飛び散り

小さくて軽い紙砂ですから・・・当然、飛び散りもその分派手です。隣の部屋まで運ばれたりもします。 

◇ 猫足のもぐり具合

潜ります。

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂

↑濃い赤水。
真っ赤です。

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂

↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。
ピンク色なのは、よく分かります。さすが白い紙砂。

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂

↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
こうして比べれば一目瞭然ですね。
2は明らかにピンクだし、3は毒々しいほど(笑)赤い。 

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

クマ笹の紙砂

クマ笹の紙砂


 
弱酸性ってところでしょうか?

猫たちの評判

ふつうでした。どの子もよく使ってくれましたが、すでに使用済みだと、他の未使用トイレを使う傾向があるように思われました。人工的なニオイが付けられた砂と違って、自然な尿臭・糞臭が、人間より鋭い猫の鼻には「使用済み」と感じられやすいのかも知れません。 

その他

この砂は、子猫の初めてのトイレット・トレーニングに最適な砂のひとつではないかとおもいました。

・軽くて小さな粒=非力な子猫でも掘れる。
・紙砂だから多分食べない=おから砂だと食べる子が・・
・微粉塵が出ない=子猫の健康に安全(ベントナイト砂はご存じの通りのホコリですからね)
・真っ白粒でオシッコの色のままに染まる=健康チェックしやすい
・飛び散るが、掃除は楽=踏んでも濡れても粉にくずれることはありませんから、掃除はホウキとチリトリでOK。子猫は大人猫より頻繁にトイレに行き、砂もよく飛ばしますが、その度に掃除機を取り出すのでは面倒ですものね。
 

実験期間、価格など

テスト期間:

2009年2月17日朝~3月1日朝(12日間)  
 

1ニャン1リットルあたり/日:

3.0日(1袋1ニャンあたり 21日)  
 

全取り換えのタイミング:

砂が少なくなってトイレ底全体をおおえなくなった。    
 

テスト時のネット価格帯:

税込 628円(調査日:2009.2.17.) 

1リットル当たりの価格帯:

税込 89円(調査日:2009.2.17.)

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA