ネコの歯について 猫歯式図

猫のアクビ

猫の歯式図

猫の歯式

【乳歯(脱落歯)】

  • 上の歯(片側)=切歯3、犬歯1、前臼歯3
  • 下の歯(片側)=切歯3、犬歯1,前臼歯2
  • 合計26本
  • (歯式=I3/3 C1/1 P3/2)

【永久歯】

  • 上の歯(片側)=切歯2、犬歯1、前臼歯3、後臼歯1
  • 下の歯(片側)=切歯3、犬歯1、前臼歯2、後臼歯1
  • 合計30本
  • (歯式=I3/3 C1/1 P3/2 M1/1)

*******************************************

猫の歯の生え方

猫の乳歯の萌出

  • 切歯 2~3週齢
  • 犬歯 3~4週齢
  • 前臼歯 3~6週齢

猫の永久歯の萌出

  • 切歯 3~4ヶ月齢
  • 犬歯 4~5ヶ月齢
  • 前臼歯 4~6ヶ月齢
  • 後臼歯 4~5ヶ月齢

生え始めの歯はまだ完全な強さは持っていません。また成長途中の歯はしばしば、軽い痛みや痒みをともないます。

この時期の子猫は、歯固めのためや、痛み・痒みを紛らわせるために、色々なものに噛みつきます。適切な噛みおもちゃを与えると同時に、噛んではいけないもの(人の手など)をしっかり教え、変な噛み癖がつかないように躾ましょう。

ネコの牙(犬歯)が永久歯に生えかわるときは、まず乳歯が脱落するヒトとちがい、永久歯が横に生えてから乳歯が脱落します。

猫の乳歯が永久歯に生え変わり中

歯断面図

歯の用語説明

切歯 Incisor

前歯のこと。前顎骨から出る歯。
猫の切歯はとても小さく、横一直線に並んでいます。獲物の毛や羽をむしったり、皮をはいだり、また毛づくろいの時に使われます。

犬歯 Cuspid (Canine)

猫の歯でも「犬歯」と言います(笑)ヒトでいう糸切り歯。前顎骨と上顎骨との境目から出る歯。
猫の犬歯は、 獲物にとどめを刺したり、くわえたりする、肉食獣として最も重要な歯であり、また機械受容器豊富も豊富に備えられていて、獲物の大きさや硬さを正確に感知することができます。

前臼歯 Premolar

上顎骨から出る生え変わる歯。
猫の前臼歯は、 いわば肉切り包丁。飲み込める大きさに肉を切り裂きます。

後臼歯 Molar

上顎骨から出る生え変わらない歯。子猫にはありません。
猫の上顎の後臼歯は、とても小さな歯です。

エナメル質

歯の、口腔内に見える部分を覆っている組織で、体の中で一番硬い物質。ハイドロキシアバタイトの結晶から出来ていて、再生不能です。

セメント質

歯の、顎骨内にある部分(つまり歯肉に隠れて見えない部分)の表面を覆っている組織。エナメル質と組織的には同じです。

象牙質

歯の大部分を占める組織。骨より硬いが再生可能。

歯髄

象牙質の中心に位置。神経と血管に富む組織。

歯冠

口腔内に露出する部分。つまり、歯の見えている部分のこと。

歯根

顎骨内にある部分。文字通り、歯の根っこのことです。猫さんには、歯根が1本の歯、二股にわかれている歯、3本に分岐している歯があります。

歯頸

歯冠部と歯根部の境目、歯が歯肉に隠れるあたり。

丘稜歯

猫など肉食動物の臼歯のように、食べ物を切り裂くように円錐状に盛り上がり、互いに交合面で向かい合っている歯のこと。(それに対し、牛など草食動物の平面的な歯は月状歯と言います。)

*注*
このページの図はいずれも、下記参考文献・サイトを見ながら、管理人が描きました。 管理人は獣医師でも生物学専門家でもありませんので、 図を描くに際し、最大の注意は払いましたものの、解剖学的な間違いが無いとは限りません。各図とも、あくまで参考資料(イメージ図)としてご覧くださいますよう、お願いいたします。

【参考文献・ウェブサイト】

あくびする猫

幼少時の病気や栄養状態が、歯に影響をあたえる場合は多いようです。 この子は前歯1本が欠損しています。ひどい猫風邪状態で保護され、その影響で視力を失ってしまった猫です。でも今はすっかり元気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA