ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

材質:木系
メーカー/販売元:株式会社ヤマヒサ ペットケア事業部

原材料 : 主原料:木粉、糊
容量・サイズ : 5リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK
トイレに流せるか :流せます
土に戻るか : 戻りません
重量 : 非常に軽い=女性が4袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約1.5kg)。

商品説明(パッケージ記載内容)

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭
特徴1:銀イオン
木の砂全体に銀イオン水を加えて製造しています。銀イオンは自然環境に優しく、人にもペットにも安全なので安心してお使いいただけます。
特徴2:デオンD [ スピード消臭剤 ]
デオンDとは猫砂専用に開発した消臭剤です。安全性が高く、糞尿(アンモニア)に対する消臭効果が従来の猫砂と比べて、約3倍のスピード!
特徴3:流せる燃やせる
尿のかかった部分だけを水洗トイレに流せて、処理が簡単です。木の粉が主原料ですので、燃やしても有害物質が発生しないので環境にやさしいうえ、可燃ゴミとしても処理できます。

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

やや大きめのペレット状の粒です。形は不揃いで、ざらっとしています。
色は茶色。濃いめです。

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

↑一緒に写っているのは十円玉です。

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

やわらかめですが、ここでは固まっています。
そっとすくいだせば固まりのまま取り出せます。乱暴にかき混ぜたらひとつの固まりで取り出すのはきついでしょう。

実際に使った感想。

べったりとした感じに、柔らかく固まります。それを猫トイレスコップでふにゃりとすくい取って、しかし見た目とちがい、ほとんどトイレ底にへばりついたりしませんでした。
濡れると色が濃くなり、つい汚れてない砂粒も一緒にすくい取って捨ててしまいます。
かっちかちに固まるのが好きな方には向かないかも・・・

尿の量や回数がわかりやすいか

回数はまあだいたい分かるのですが、量はわかりにくいかも?
多い少ないはわかります。しかし微妙なかげんはちょっとわかりにくい。

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

木のニオイなんですが、ふつうの木系猫砂のニオイとはちょっと違います。
多くの猫砂が、 いかにも「ひのきの香りです!」って感じなんですが、この砂は、もっと自然なというかふつうの木、たとえば木工所の木くず、それも一部少し焦げたような、そんなにおいです。
嫌なニオイではありません、むしろ好きかも。
ニオイはあまり強くありません。

◇ 脱臭力

小の方は、良いと思いました。
アンモニア臭というか、いかにも尿臭って感じのニオイは全然しませんでした。
大の方は、ふつうと思いました。ほぼちゃんと埋めてありました。

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

ほとんど出ませんでした。

◇ 飛び散り

かなり飛び散ってしまいました。
軽いことと、この砂、なぜか大に人気で、みんながせっせと掘って埋めたからだと思います。

◇ 猫足のもぐり具合

潜ります。とても軽い砂なので。

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

↑濃い赤水。赤いのが分かります。

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。これは肉眼でも全然わかりませんでした。そもそも砂の色が濃いですし。

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
1と2は、肉眼でもまったく区別が付きません。3となれば、良く分かります。

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

ペティオ 木の猫砂 瞬間消臭

どちらかといえば酸性寄りに見えます。
弱酸性程度でしょうか。

猫たちの評判

大小ともに使われていましたが、この粒の大きさの砂としては少し珍しいのですが、大に好まれました。
うんPがてんこもりになっていて、ちょっとビックリ。
なにかもよおすものがあるのでしょうか?
まさか砂の色の関係?(汗)

その他

とくにありません。

実験期間、価格など

テスト期間:

2008年6月23日夕方~6月28日夕方(5日間)

1ニャン1リットルあたり/日:

2.0日(1袋1ニャンあたり 10日)

全取り換えのタイミング:

砂が少なくなってトイレ底全体をおおえなくなった。

テスト時のネット価格帯:

税込 598円(調査日:2008.6.26.)

1リットル当たりの価格帯:

税込 119円(調査日:2008.6.26.)

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA