ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂


材質:木系・おから系
メーカー/販売元:株式会社ヒノキ

原材料 : 主原料:天然ひのき、おから、コーンスターチ
容量・サイズ : 8リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK    
トイレに流せるか :流せます  
土に戻るか : 戻りません    
重量 : 非常に軽い=女性が4袋を同時に持ち上げて家中移動できる(約2kg)

商品説明(パッケージ記載内容)

ひのきとおからの流せる猫砂

固まります!
おしっこがすぐに固まります<特許出願中> 天然ひのきとおからを使用 ひのきの廃材ととうふを作った時にでるおからを離礁した環境にやさしい素材です。 消臭・抗菌! 消臭効果の高い木製猫砂とおからの猫砂が合体! 消臭力がパワーアップしました。 流せて処理出来る! 水洗トイレに流して処分できます。

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

薄茶の、俵型の軽い粒です。

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

一緒に写っているのは十円玉です。

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

水をかけてから取り出すのが早すぎたのか、まだあまり固まっていなくて、けっこう崩れてしまいました。もう少し時間をおけばもう少ししっかり固まったと思います。
実際に使った感想。
固まり度は弱いです。
新しくてからりと乾いている時は固まったのですが、使っているうちにほとんど固まらなくなりました。
最後は全然固まらなかった(汗) ふわっと全体的にしめったような感じになりました。

尿の量や回数がわかりやすいか

砂が新しいときはかなりよくわかります。
使っているうちに湿気を吸ったか、全体的に少しフニャっとした感じになり、わかりにくくなりました。 
  

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

ひのきっぽいにおいです。弱いです。
おから臭は感じられませんでした。

◇ 脱臭力

良いと思います。
小は臭いません。大も、埋めてくれるので、それほど臭いません。
砂を全取り替えする前に、砂に鼻を近づけてクンクンしてみましたが、糞尿臭は全然しませんでした。 

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

ほとんど出ません。
使っているうちに、少し粉にくずれます。その粉が肉球について少し外にもこぼれます。粉といっても粒は大きいですから微粉塵のように吸い込むことはありません。掃除は、とくに古くなってからは、箒+ちりとりだけでなく、掃除機で吸う方が良いでしょう。

◇ 飛び散り

軽い粒だからか、それとも、掘って楽しいのか、けっこう飛び散ってしまいました。
コロコロ転がることはありません。
粒のままなら、ホウキとチリトリだけの掃除で十分ですが、人間の体重で踏むとつぶれます。そうなると掃除機の出番となります。 

◇ 猫足のもぐり具合

けっこう潜ります。

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

↑濃い赤水。赤いのがわかります。

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

↑薄い赤水。ほんのりピンク色程度の水です。
ちょっとわかりません。

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂

↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
3は一目瞭然にわかりますが、1と2の区別はつきませんでした。

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

ひのきとおからの流せる猫砂

ひのきとおからの流せる猫砂


 
酸性です。

猫たちの評判

最初は良かったと思います。
保護した子猫にも使ってみましたが、躊躇無く使ってくれました。純おから砂は保護猫は戸惑って使わない場合も多いのです。先住猫たちのように色々な砂に慣れているわけではない、無垢な子猫が、最初から使ってくれたということは、多くの猫が使ってくれるということではないでしょうか。
しかし、使っているうちに、全体的にふわっと柔らかく湿った感じになり、そうなると嫌われました。2回目のテストは1回目よりかなり日数が長く持っているように見えますけれど、実際には、最後の2日くらいは、砂はまだけっこう残っているにもかかわらず、フンワリ感が嫌われたか使われなかったので、実質は19日ではなく17日しかもたなかったと見るべきかも(1ニャン1袋換算なら29.75日)。そのすぐ横に、猫達の好きなシリカゲルトイレが置いてあったことも影響しているかもしれません
。  

その他

ネットでは送料無料で安く買えるし、それなりの使用感なので、けっこうリピートして買っています。

実験期間、価格など

 

テスト期間:

【1回目】2007年12月19日朝~2008年1月1日朝(13日間)
【2回目】2009年11月1日朝~11月19日朝(19日間) 

1ニャン1リットルあたり/日:

【1回目】3.25日(1袋1ニャンあたり 26日)
【2回目】4.155日(1袋1ニャンあたり 33.25日)
【平均】 3.7日(1袋1ニャンあたり 29.625日)
 

全取り換えのタイミング:

・砂が少なくなってトイレ底全体を覆えなくなった。 
・全体的にふわっと柔らかく、湿った感じになり、猫達が使わなくなった。   
 

テスト時のネット価格帯:

【1回目】税込 498~798円(調査日:2007.12.19.)
【2回目】税込 399円*~924円(調査日:2009.11.9.)
*印=メーカーによる期間限定キャンペーン

1リットル当たりの価格帯:

【1回目】税込 62~99円(調査日:2007.12.19.)
【2回目】税込 49円*~115円(調査日:2009.11.9.)
*印=メーカーによる期間限定キャンペーン 

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA