お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂


材質:紙系
メーカー/販売元:ライオン商事株式会社 ペット事業部

原材料 : 成分:茶葉、茶殻、再生パルプ、吸水性ポリマー
森林資源を大切にするため、パルプ原料は100%再生紙を使っています。

容量・サイズ : 7リットル
可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK     
トイレに流せるか :流せません   
土に戻るか : 戻りません   
重量 : 軽い=女性が3袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約2.4kg)

商品説明(パッケージ記載内容)

ライオン ペットキレイ お茶でニオイをとる砂

ぬれた部分が緑色にチェンジ
お茶でニオイをとる砂
お茶でニオイをとる砂は、サッと吸い取り、すばやく固まる「お茶製猫砂の決定版」です。

特徴
お茶カテキンの抗菌・消臭パワーでフンもオシッコも強力脱臭!

実際に使ってみました

砂の色や砂粒の大きさ

外側は白い、どちらかといえば大きめの粒です。
一緒に写っているのは十円玉です。

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

粒は紙砂ですから、手で割ることが出来る固さです。
割ってみると、中は青緑です。
(見にくい写真でごめんなさい)

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

固まり具合

30ccの水をかけたら、こんな固まりになりました。
一緒に写っているのは十円玉です。

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

ゆるく固まっています。その固まりをつぶすと、多くの紙砂で見られるように、この砂もうすいゼリーのような透明なものが少しべたっと付きます。

実際に使った感想。

固まる力は弱いかなあ。ぼやっとした固まりにはなるんですが、固まりのままコロンとすくいとることはできません。
砂粒が大き目な上、濡れると変色するので、青い粒があると「掃除しなきゃ」という気持ちになり、一緒に周辺の白い粒まで大雑把にとってしまうので、 砂の減り方がかなり早かったのではないかと思います。

尿の量や回数がわかりやすいか

回数はわかりますが、量は多いか少ないかはわかりますけれど、その程度の判断でした。特に小尿の場合、よほど毎回きれいに掃除する人でない限り、それが新しい尿なのか、とりこぼしの青粒なのか、わかりにくいかもしれません。

砂のにおいや脱臭力

◇ 砂自体のにおい

すこしお茶っぽいニオイがします。
ニオイは強くありません。

◇ 脱臭力

尿臭は良く吸収されていたと思います。
尿というより、お茶の香り・・・というほど良いニオイじゃないけど、でも尿の臭いではなく、強いて言えばどちらかといえばお茶っぽい(笑)ニオイの固まりになりました。 
大の方は、大きな紙粒なので、どうしても隙間からニオイが漏れ出てしまうかんじでした。
また、シリカゲルやベントナイト砂に比べると、紙砂はどうしても、大便中の水分吸収力が弱いので、便もやわらかいままで、そうじするとき、かなり大きくすくいとらないといけません。
でも紙砂でこのサイズの砂粒と考えれば、ニオイはかなりおさえられていたと思います。

ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい

◇ ホコリ

一番最初、袋をひっくり返してトイレにザザッと勢いよく入れたときは、白いホコリが立ちました。
その後のトイレ掃除では感じません。

◇ 飛び散り

少なめです。
落ちていても、指先でつまみあげるか、ホウキとチリトリでさっと掃けばOKって感じでした。不潔感はありませんし、遠くへ転がることもありません。

◇ 猫足のもぐり具合

少しもぐります。 

尿の色(血尿)がわかりやすいか

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

↑濃い赤水。
とてもよく、赤い色がわかります。

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。
水のピンクと、「濡れたらグリーンに変色」する砂粒のグリーンがまざって、青紫っぽい色になりました。

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
3は毒々しいまでに赤です。
1と2も、こうして並べると、ますます色の区別がわかりやすくなります。
このくらい差があれば、普通の観察眼さえあれば、尿色の異常にすぐに気が付くだろうと思います。

猫砂のpH度

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。
真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂


お茶でニオイをとる砂

お茶でニオイをとる砂

 

わかりにくい写真でごめんなさい!
だいたい中性、強いて言えばやや酸性?

猫たちの評判

小の方はふつうに使っていました。
大の方は、人気はイマイチだったでしょうか。
すぐ横に、ベントナイト系砂をいれたトイレも置いてあり、そちらで大はすませる子が多かったです。
もしこの砂しかなければ、多分、何の問題もなく、こちらの砂で大小ともしただろうとは思います。

その他

許諾特許:2894916

実験期間、価格など

 

テスト期間:

2008年5月17日朝~5月28日朝(11日間)  
 

1ニャン1リットルあたり/日:

3.1日(1袋1ニャンあたり 22日)  
 

全取り換えのタイミング:

砂が少なくなってトイレ底全体をおおえなくなった。    
 

テスト時のネット価格帯:

税込 538~980円(調査日:2008.5.22.)  

1リットル当たりの価格帯:

税込 76~140円(調査日:2008.5.22.)  

ショッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA