「動物の愛護及び管理に関する法律」について

ここのページでは、「動物の愛護及び管理に関する法律」のうち、猫の一般飼い主にとって重要と思われる事柄を説明しています。

「動物の愛護及び管理に関する法律」全文はこちら

「動物の愛護及び管理に関する法律」の目的

「動物の愛護及び管理に関する法律」、略して「動物愛護管理法」とは、

「人と動物の共生する社会の実現」

を図ることを目的とする法律です。
人による動物「支配」ではありません。「共生」です。

(基本原則)
第二条  動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。

そして「動物愛護管理法」では、人と動物が共生するために、以下のことなどが定められてます。

  • 動物の虐待及び遺棄の防止
  • 動物の適正な取扱い
  • 動物の健康及び安全の保持

対象となる動物

人が飼っているすべての動物(哺乳類、鳥類、爬虫類)。

一般飼い主の責任

一般飼い主には、おおまかに言って、以下の5つが求められています。

  1. 動物の習性等を正しく理解し、最後まで責任をもって飼うこと。
  2. 危害や迷惑の発生を防止すること。
  3. むやみに繁殖させないこと。
  4. 動物による感染症の知識をもつこと。
  5. 所有者を明らかにすること。

(参考:環境省パンフレット )

第一節 総則

(動物の所有者又は占有者の責務等)
第七条  動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。
 動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物に起因する感染性の疾病について正しい知識を持ち、その予防のために必要な注意を払うように努めなければならない。
 動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物の逸走を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。
 動物の所有者は、その所有する動物の飼養又は保管の目的等を達する上で支障を及ぼさない範囲で、できる限り、当該動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(以下「終生飼養」という。)に努めなければならない。
 動物の所有者は、その所有する動物がみだりに繁殖して適正に飼養することが困難とならないよう、繁殖に関する適切な措置を講ずるよう努めなければならない。
 動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置として環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない。

猫や犬を買うとき

猫や犬などの動物の販売者には、以下の義務があります。

  • その子の現在の様子を直接見せなければならない。
  • その子の飼育方法、生年月日、繁殖者(ブリーダー)の氏名、その他必要な情報を、書面または電磁気的記録として提出しなければならない。
  • 生後56日を経過しない幼猫・幼犬を展示したり販売してはならない。(*注)

*(注:経過措置として、法の施行後3年(=平成28年8月31日)までは生後45日、その後は49日、法の施行後5年以内(=平成30年8月末)に56日となります。)

 もしペットショップ等から猫(や犬など)を購入する場合は、必ずその子を直接見せてもらい、生年月日やブリーダー名を書面で提出してもらいましょう。ブリーダー名の提出を拒否したり、生後56日未満の幼猫を展示・販売しているショップは法に抵触するショップと考え、購入は再検討して下さい。

(でも、もしも、見るに堪えない状況に置かれた子がいたら、購入してその状態から救ってあげる事も有りだと、私は考えます。その後、そのショップ/ブリーダーを通報して、不幸な子が増えないようご尽力いただけたらもっとありがたいです。)

 また、金銭を伴う販売でなくとも、たとえば保護猫・犬の無料里親募集でも、生後56日規制は重要だと思います。親猫や兄弟猫がいるのに生後30日で渡してしまうなどということは、決してなさらないでください。里親希望者の中には、生後2週間くらいの赤ちゃん猫が欲しいなどと平気で言ってくる人もいます。そういう人にはくれぐれもご注意ください。

(販売に際しての情報提供の方法等)
第二十一条の四  第一種動物取扱業者のうち犬、猫その他の環境省令で定める動物の販売を業として営む者は、当該動物を販売する場合には、あらかじめ、当該動物を購入しようとする者(第一種動物取扱業者を除く。)に対し、当該販売に係る動物の現在の状態を直接見せるとともに、対面(対面によることが困難な場合として環境省令で定める場合には、対面に相当する方法として環境省令で定めるものを含む。)により書面又は電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)を用いて当該動物の飼養又は保管の方法、生年月日、当該動物に係る繁殖を行った者の氏名その他の適正な飼養又は保管のために必要な情報として環境省令で定めるものを提供しなければならない。

(幼齢の犬又は猫に係る販売等の制限)
第二十二条の五  犬猫等販売業者(販売の用に供する犬又は猫の繁殖を行う者に限る。)は、その繁殖を行つた犬又は猫であつて出生後五十六日を経過しないものについて、販売のため又は販売の用に供するために引渡し又は展示をしてはならない。

附 則 (平成二四年九月五日法律第七九号) 抄
(経過措置)
第七条
 施行日から起算して三年を経過する日までの間は、新法第二十二条の五中「五十六日」とあるのは、「四十五日」と読み替えるものとする。
 前項に規定する期間を経過する日の翌日から別に法律で定める日までの間は、新法第二十二条の五中「五十六日」とあるのは、「四十九日」と読み替えるものとする。
 前項の別に法律で定める日については、犬猫等販売業者(新法第十四条第三項に規定する犬猫等販売業者をいう。以下この項において同じ。)の業務の実態、マイクロチップを活用した調査研究の実施等による科学的知見の更なる充実を踏まえた犬や猫と人間が密接な社会的関係を構築するための親等から引き離す理想的な時期についての社会一般への定着の度合い及び犬猫等販売業者へのその科学的知見の浸透の状況、犬や猫の生年月日を証明させるための担保措置の充実の状況等を勘案してこの法律の施行後五年以内に検討するものとし、その結果に基づき、速やかに定めるものとする。

繁殖制限の義務があります

愛猫には必ず去勢・不妊手術を施しましょう。

→手術しないと?猫算物語

(犬及び猫の繁殖制限)
第三十七条  犬又は猫の所有者は、これらの動物がみだりに繁殖してこれに適正な飼養を受ける機会を与えることが困難となるようなおそれがあると認める場合には、その繁殖を防止するため、生殖を不能にする手術その他の措置をするように努めなければならない。

猫を虐待したら2年以下の懲役または200万円以下の罰金

  • 猫は「愛玩動物」に指定されています。飼い猫はもちろん、野良猫も「愛玩動物」です。
  • 猫を殺傷したら、2年以下の懲役、または、200万円以下の罰金
  • 猫を虐待したら、100万円以下の罰金
  • 飼い猫を衰弱させたり適切な世話をせずネグレクトしたら、100万円以下の罰金
  • 猫を捨てたら、100万円以下の罰金

第六章 罰則
第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。
 愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であって疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であって自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行った者は、百万円以下の罰金に処する。
 愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。
 前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
 一  牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
 二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

 

猫顔アイコン「動物の愛護及び管理に関する法律」全文はこちら