ひとこと。

動物たちに心を奪われていると、ときどき変な勘違いを起こす。 その例の数々。

* * *

公園にペンギン型のゴミ箱があった。 その口のところに“おす”と書いてあった。 つい、「雌のペンギンはどこだろう?」と探してしまった。

・・・それが「押す」の意味だと気が付くまで 随分時間がかかった。 そう、ペンギンの口が、ゴミ箱のふたになっていたのだ。

* * *

“ペット飲料半額!” のチラシ見て 「ワンニャンミルクが安い!」と喜んでスーパーに出かけたが

もちろん、“ペットボトル入り飲料(人間用)半額!” のことだった。

* * *

道路横にネコの絵の立て看板があった。
「ペットショップ?キャットフードの安売り?なんだろ?」
と 考えながら車を走らせていくと、 突然、目の前に工事用信号機の赤ランプが現れて 急停車。

“この先工事中”の看板に、ネコの挿し絵が描かれていたらしい。 が、私にはネコの絵しか目に入らなかった。 まぎらわしい看板立てるな!

ついでに。

ライオンの挿絵の上に 「100m先・・・」と書くのも止めてほしい。 100m先に動物園があるのかと思ってしまうじゃないか。 挿絵無しの、 「100m先工事中」とだけ、書いてほしい。

* * *

「東京トヨペット」の看板を見て、 「大きなペット屋さんだ」と勘違いしたのは 私だけではなかったと知った時、
ちょっとホッとした。

* * *

目の前を、黒いセーターなど着ている人が歩いていると、
「この人、ぜんぜん抜け毛がついていないわあ。 随分丁寧にコロコロかけているのね」
などと思ってしまう。 勿論、動物と暮らしていない人が 抜け毛をつけているはずがない。

* * *

「5人家族です」などと言われると、つい 「そのうち人間は何人ですか?」と聞いてしまう このクセをなおさないといけない。

 

動物を知らない人達にひとこと

友人に、9キロにもなるシャムネコを飼っている家がある。 そのシャムは、最近のキャットショーに出てくるようなスレンダーなタイプではなく 昔ながらの比較的丸い体つきの子だが 友人が甘やかすものだから、コロコロに太って 胴回りもそれはぶっといのだ。

友人の密かな楽しみは、そのシャムを見せて
「この子はタヌキとの合いの子なんですよ」
と 実にさりげなく言うことだという。 驚くことに、そう言うと、頷く人がけっこういるそうだ。
「なるほどねえ。道理で大きいと思いました。」
などと まじめに納得顔で感心しているそうな。

あのねえ。 タヌキはイヌ科。イエネコはもちろんネコ科。 ポチとタマの間に子供が生まれないのと同じように タヌキとネコの間にも子供は生まれないのですよ。

* * *

ある都会の住宅地を歩いていたときのこと。 目の前をイタチが駆け抜けていった。

幼い女の子が
「ねこちゃん!」と、追いかけようとすると、 その母親が
「あれはネコではありません。ネズミです。」と 実にキッパリと宣言していた。

しかし、あれはネコでもネズミでもない。 間違いなくイタチだった。 それも、都会に多いチョウセンイタチだと、品種まで わかってしまったほど、白昼にその全身をさらしていた。

イタチとネコは食肉目。 ネズミは齧歯目。 イタチをネズミと間違えたお母さんより ネコと間違えた幼女の方が、まだ 生物分類学的には近かったようだ。

* * *

隣のジイサンが
「野良猫がトマトやキュウリを食って困る」
と怒っていた。 トマト畑で何かを食べている野良猫を その目で見たそうな。

私が思うには その野良猫がもし、本当に何かを食べていたなら、それこそ、トマトやキュウリ畑に現れた 野菜を食害する小動物・・・ネズミなど・・・を 補食していただけではないか?

いくら野良猫とはいえ、 トマトやキュウリを好んで食べるネコなんて いないと思う。 オジサンは、野良猫を追い払おうと必死だが、 その野良さんがいなくなったら、きっと もっと食害が増えると思うのだが。

ちなみに ネコを飼っていない隣家では ネズミが仏壇にも出没するとぼやいている。 うちには、勿論、 ネズミなんかいやしない。

 

猫顔アイコン 前へ戻る←  →次へ進む 猫顔アイコン