名探偵・麗尾智 美矢五郎の事件簿 ファイル2:光るウン○の謎

薄暗いトイレは誰だって怖い。 子供はもちろん、いい年をした大人だって、 真っ暗な夜、一人でトイレに行くのはあまり小気味の良いものではない。

・・・・・・・

真っ暗なある夜。 うら若い令嬢・みけは、夜中に催してしまった。 仕方なく、おそるおそるトイレに行くと・・・

「キャーッ」
響き渡るみけ嬢の声!

たちまち集まってくる他の住民達。
「なんだ、なんだ」
「一体どうしたんだ」

「あれを見て!にゃに、あれ?」

ふるえるみけの指さす先には、 闇夜にボゥーっと光る物体。

蛍

これ、ただの真っ黒黒ではないのよん。 よく見て。中央にぽちっと何かあるでしょ? 真っ暗な猫トイレの中で光っているモノを 写したつもりにゃん。。。

「ど、ど、どーして、ウン○が光っているんだ!?」
 「誰が光るウン○なんかしたの!?」
皆、恐怖に震えながら、大騒ぎ。

そのうちに、口々に叫びだした。
「こんな怪しいウン○をする奴なんて、 怪猫トロ面相の奴に違いない!」
「光るウン○なんて、きっとトロの奴、また何か変なものを食べたんだ」

さっそくとっつかまった怪猫トロ面相。
「にゃにを食べて、光るウン○をしたのにゃ! 白状しろ!」
トロ面相は、しかし、しどろもどろに
「ボク、にゃにも変なもの食べてにゃい! 食べたのは、キャベツと、そうめんと、あんパンと・・・」

一部始終を見ていた名探偵・麗尾智美矢五郎は、うーんと腕組みをして言った。
「いくら怪猫トロ面相でも、こんな光るウン○をするだろうか。 謎はもっと深いのではないか?」

そして、そのまましばらく考え込んでいたが、 ・・・

突然、ハッと面を上げると叫んだ。
「ママを連れて来い!そうすれば謎が解けるだろう」

そこで、全員で大声で呼んだ。
「にゃあ、にゃあ、にゃあ(ママ、ママー)」

「どうしたの」
とママが駆けつけた。 ママは人間だから、暗闇では行動できない。 パッと電気を点けた。

あたりが明るくなると、名探偵は勝ち誇って宣言した。
「諸君!これで光るウン○の正体が分かった。 灯りのもとで、良く見たまえ」

蛍

そう、どういうわけか、ホタルが、猫トイレの中で光っていたのですね。 いったいこのホタル君、どういうつもりだったんだろ? 風流の代名詞・ホタルが、猫トイレで糞まみれで光っているなんて(爆)

ねこたちが、猫トイレのまわりで興奮しているので、 そっと近づいてみたら、こーゆーことでした。 ホントにあった話にゃん。

で・・・・ この一件にたちまちインスピレーションを得たyukiyo様の句。

*夏の夜に 光るうんOは 未知との遭遇

*猫トイレ ホタルが 一夜の 宿借りに

 

猫 怪猫トロ面相

猫 名探偵・麗尾智 美矢五郎

*この麗尾智 美矢五郎シリーズは、実際にあった話を 思い切り脚色して書いています。

 

猫顔アイコン 前へ戻る←  →次へ進む 猫顔アイコン