悪戯帖 その3

掃除機にゃんか怖くにゃい!

夏になると、ねこ達が、あちこちに“落ちている”。 畳の上にゴロリ。 板の間の床にゴロリ。 お腹丸出し、緊張のかけらもない様子で、ゴロゴロ転がっている。

でも、そんな暑い最中でさえ、人間は掃除しなければならぬ。 ネコの大嫌いな掃除機をかけなければならぬ。

掃除機を出すと、みけやおつうは見ただけで逃げ出す。 掃除機が大嫌いなのだ。 チャトランやビクは、嫌そうな顔をし、 掃除機が近づいてくるとのっそりと歩み去ってしまう。 そう、世のほとんどのネコは、掃除機が嫌いだ。

しかし、トロだけは違う。

全然、逃げようとしない。 どた~~と畳の上にひっくり返ったまま、 すぐ横でガーガー掃除していても、そのまま寝ている。

試しにヘッドの先でつついてみる。 起きない。 ヘッドを抜いて、丸い筒先で、そっとシッポの先を吸ってみる。 (もち、弱に落としてね) 起きない。 少しずつ奥まで、ついには、シッポの根本まで吸い込んでやる。 それでも、起きない。

今度は、後ろ足を吸ってみる。 起きない。 かかとまですっぽり吸ってみる。 それでも、起きない。

いや、いくらなんでも目は覚ましているのだが どたりと転がったまま、起きあがろうとしないのだ。

そこで、作戦変更。 ブラシ付きの小ノズルに付け替えて、 トロの体に直接ゴシゴシ掃除機をかけてみた。 今度こそまいったか!

すると、トロたん、
「うなあ?」
と薄目をあけ、 それからゴロゴロ言い出した!

え、気持ちいいの?

困ったことに、それ以来、癖になってしまった。 私が掃除機をかけると、かけている先にドタリと転がる。 そして、こちらを見ながら、
「うなあ」
と催促。

仕方ないから、ノズルをつけかえて、ブラッシング、ならぬ ソウジキングしてあげる。 やれやれ。

 

洗濯機はやっぱり怖いニャン!

うちは、田舎のぼろ家なので、排水設備も貧弱。 だから、せめて貴重な水資源に負担をかけないように、 洗濯には純度99%という石けんを使っている。 少々高いけれど、仕方がない。 合成洗剤は、よほど汚れたときにだけ使う。

石けんの欠点は、お湯にとかさないといけないということ。 だから、まず洗濯槽に水を張り、それから洗濯機を回しながら お湯に溶かした石けん水を洗濯機に入れる。

トロが洗濯機のふちに登ってきた。 すでに水が満タンで、ごうごうと回っている。 回転する衣類が面白いのだろう、 トロは飽きずにのぞき込んでいる。 私は隣で石けんをお湯に溶かしていた。

トロが腰をフリフリしはじめた。
「あ、トロちゃん、落ちないでね」
という間もなく、 トロが渦の真ん中に頭からダイブした!

とっさにトロのシッポをひっつかんで、 洗濯機からひきずりだした私。

「回っている洗濯物にじゃれる子がありますか!!!! 危険でしょ!! 死んじゃうでしょっ!!」

洗濯物と一緒に2回転くらいきりもみしてしまったトロ。 さすがにビックリしたらしい。 シュンとして私にしがみついていた。

トロが、まだ幼い頃の話である。

 

猫顔アイコン 前へ戻る←  →次へ進む 猫顔アイコン