No.38. ある夏の午後

猫

レオ 「あのさ、トロ君、キミは 、猫の誇りとか尊厳とか、 こ難しいことは 興味ないかもしれないけどさ・・・」

 

猫

レオ 「もうちょっと、なんというか、 しゃきっと出来ないのかい?」

 

猫

トロ 「しゃき?」

 

猫

トロ 「にゃに言ってんのぉ。 ボクだってね、その気にさえなれば、 しゃっきしゃきだよ! 見てて!」

 

猫

トロ 「胸を張って、しゃっきぃ---ん!!」

 

猫

トロ 「どぉ? ボクがしゃきっと胸をはると かっこいい?」
レオ 「この猫はどこか根本的なところが 間違っているような気がする・・」

 

背景の本棚や畳はバイト数高いのでぼかしました

 

猫顔アイコン 前へ戻る←  →次へ進む 猫顔アイコン