モネちゃん その1

 2001年7月22日、午前1時半のことでした。

 私はすでに布団にはいっていたのですが 「ビャー、ビャー」という、子猫の必死な鳴き声に 目が覚めました。 うちのねこ達が全員窓辺に集まって、外を覗いています。 そして、網戸の外側には、生後3ヶ月くらいの子猫が 蝉のように網にへばり付いて、うちのねこ達に、 懸命に救いを求めていたのです。

 すぐに外に出て子猫を保護しました。 お母さんを捜して泣き続けていたのでしょうか、子猫の声は ガラガラに枯れて、無惨なかすれ声となっていました。 体もやせて、耳ダニがついていました。 少なくて数日、多分10日以上も、ひとりでさまよっていたと 思われました。 

アイラインが きれいな 美人さん。 このときは まだ痩せて 顔がとがってます。 

 ヒトに慣れているような部分と、 慣れていないような部分とを 併せ持った子猫でした。 可愛がられていない飼い猫の子か、 または半分公認された野良猫の 子供なのではないかと思いました。

 耳ダニの駆除をする一方で 里親さんを捜しました。 これ以上ないくらいにすばらしい方から お申し出がありました。 それがMoelさんです。 

 この、綺麗な色をみてください。 まるで、暗い空がだんだん明るくなって たなびく雲の間から、 輝かしい朝日が射してきた、 そんな、夜明けの薄明かり雲のような ステキな模様のねこさんでしょう?

 フランスを代表する印象派の画家に モネという人がいます。 モネの描いた「印象・日の出」という名画が ちょうどこんな色合いなのです。

 そこでMoelさんは、この子猫に、 「モネ」という すてきな名前をつけてくれました。 ぴったりでしょう?

 今、モネちゃんは、Moelさん宅で それは幸せに暮らしています。 先住猫のナギちゃん(男の子)とは ごらんの通り、ラブラブです。 やんちゃな女の子灯ちゃんも加わって モネちゃんのニャン生は、今最高に恵まれています。

  Moelさん、どうもありがとう! モネちゃん、よかったね! ナギちゃん、灯ちゃん、仲良く幸せにくらしてね!

 なお、このときの里親募集には 当時まだHPを持っていなかった 私の為に、ニムラブスコナ様が わざわざ里親募集掲示板を作って くださいました。 改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

幸せになったモネちゃんをご覧下さい。→モネちゃん その2

 

猫顔アイコン 前へ戻る←  →次へ進む 猫顔アイコン