No.4. 猫短歌・猫俳句・猫川柳(二〇〇二年八月二十四日)

しまねこ様

  • 猫飼うと みんなはきっと 丸くなる
  • 猫達の 寝顔を見たら 力抜け

yukiyo様

  • 亡き君の 藍い瞳を 想うとき 命の重さ 心にしみる
  • 小さきは 掌の中に 光る子よ 奇跡の力 今こそ我に
  • こんなにも 美しき命なぜ捨てる ひとつの石にも 存在の意味あり
  • 残されし 君の分身今ここに むじゃきに眠り むじゃきに遊ぶ
  • 逢わぬなら 逢わないままで そのままで 悲しき想いの 引き出し増えず

福桃様

  • 迎え火に またたび入れて 君を呼ぶ

背伸びしている猫

  • 商売は 崖っぷちなれど 私には 元気の源 3にゃんがいる
  • 君達を 養うくらい まかせとけ 言ったとたんに あくびするなよ
  • 知らぬ間に 君達主人で わしゃしもべ

きな様

*上の福桃さんの歌に返して曰く

  • 迎え火に尻尾だけでも見えたなら 掴んでこの世に引き戻したき
  • 天国よりもどこよりも私のそばにいて欲しい それでも送り火焚くべきか
  • またおいで 生まれ変わって またおいで いつでも私ここにいるから

くーたん様

  • 君の死を 認めたくない 時経てど 今だに玄関 開けて待つ
  • 何しても 思い出しては 又涙 こんなに泣かす あなた悪い子

yukiyo様

  • ただいま!と 息せき切って 帰っても あらぁだあれ?と 猫薄目あけ
  • 給料前 食費削って カリカリ優先
  • 膝に抱く ふわり猫毛 やわらかく 家事そっちのけ 至福の時間
  • 眠り猫 しあわせ夢見て まるくなる

くーたん様

  • トロちゃんに 今日も会えた 嬉しさよ 何故に人をば なごませるのか 
  • 舌出して ニャンコ寝ている まぬけ顔 そっと近づき 引っ張ってみる
  • もう少し お上品に 砂かけて 掃除するのは いったい誰なの
  • 猫元気 走り回るは いいけれど 私へ飛び乗り しないでおくれ
  • 仔猫ちゃん 力いっぱい 噛み付いて お願いだから 少し手加減を
  • 猫たちよ 抜き足差し足 近づいて 私もびっくり 猫飛び上がる

雄猫と子猫

トロンボーン

  • 猫川柳 泣いて笑って じんと来て

三毛猫

 

猫顔アイコン No.3へ戻る←  →No.5へ進む 猫顔アイコン