No.10. 猫短歌・猫俳句・猫川柳(二〇〇二年十一月二四日)

愛犬を亡くした後、あらたに不幸なゴールデンの里親さんとなった方に捧げる歌

きな様

  • 名のごとく 黄金の日々 ふたたびと 願いし思い 聞き届けられ
  • 忘れない 忘れる事は 決してない 幸福の数が 増えていくだけ
  • かけがえの ない存在の 在りし日よ いま再びの 訪れことほぐ

くーたん様

  • 時間と言う 妙薬人の 心変え 新たなる子と 出会えた喜び
  • お互いに 心の痛み 耐えた者 これほど強い 結びつき無し
  • 赤い糸 愛の力で 手繰り寄せ 結んだ糸を ほどいてなるかと
  • 出会うべく して出会った ゴールデン 二人の幸せ 心ゆくまで
  • 新しき 我が子愛せど 逝きし児を 一日たりとも 忘れた事無し

子猫

きな様

  • 冬の夜の ぬくみうれしい 猫たんぽ
  • もしかして 私がこのコの 人あんか

あんこ様

  • 愛猫と 眠る喜び そのかわり もれなくつきます 肩こり腰痛
  • 夢の中 誰かが私の首しめる~~  目覚めてみれば 目前に猫
  • 左わき 猫がいなけりゃ 眠れない こんな女に おまえがしたの

猫

くーたん様

*肺炎とストレスで、くーたんさんと、チャーちゃんが、ともに入院した時に詠んだ歌

  • なんでやねん 病名まで 一緒とは 笑って下さい このバカ親子
  • ストレスで 病気に負ける 我が猫に そんなひ弱に 育ててないぞ
  • こんなにも 心配させた チャ-のやつ 白髪とシワを どうしてくれる
  • パパの顔 見るなり猫が ニャと鳴く 嬉しくも有り 淋しくも有り
  • 健康が 一番大事と わかってて なって気付くは 私はアホかいな 
  • これほどに 猫繊細と 知らなんだ 何年猫と 暮らして来たか
  • どうしてや ここまで似ないと あかんのか 同じ病気に なるかちゅうねん

トロンボーン

  • 抱っこ猫 ストーブ点くや 知らん顔
  • 真夜中の 運動会も 冬休み
  • 洗い物 後でいいわね 膝に猫

猫

 

猫顔アイコン No.9へ戻る←  →No.11へ進む 猫顔アイコン