猫とネコとふたつの本棚猫の随筆・エッセイ(日本)>野坂昭如「吾輩は猫が好き」 
書評ページタイトルイメージ
猫の里親バナー
猫の里親バナー


「 吾輩は猫が好き 」
野坂昭如(のさか あきゆき)

中央公論新社 中公文庫
2001年2月発行  NDC:914.6 エッセイ
ISBN : 4122037875
ISBN : 9784122037878
登場ニャン物=ダダ、ネージュ、チャーリー、ロージー、クラ太、アンジュ、ミドリ、ココ、ユメ

 

 

【推薦:管理人】

野坂氏はハスキー犬を飼っている。『ビートたけしのTVタックル』などで拝見した印象では、野性味満点なハスキー犬がいかにも似合いそうな御仁だった。

が、実は大の猫好き、猫キチ親爺、典型的猫おじさんなのである♪

小説家・作詞家・政治家・ミュージシャンと、多才な野坂氏。この本でもその多才ぶりを発揮している。口絵8ページに描かれた猫の絵、実に巧みだと思うが、これらの絵も、単なる写生では決して描けないものだろう。猫の柔らかさ、猫の暖かさ、猫のしぐさ、猫の表情。猫を愛し猫を知り尽くした筆だ。

本の中でも野坂氏はこう書いている。

『また、猫ほど絵になる生きものも他に求めがたい。』(p.125)

そして、

『ぼくは、まったくの猫派になってしまった。ジジ(ハスキー犬)を散歩させる川沿いの未知で、よくいろんな種類の犬に出会うが、どうもピンとこない、(中略)、どうもフフンとせせら笑いたい気分になる。
  そこへいくと猫は、(中略)・・・
  ペットなどと気楽にいう。さらに別の呼び方が猫いはふさわしい。人間と平等なのだ。 (中略)
  実に、不思議なシロモノだと思いつつ、ぼくは、寒くなりゃ彼等用の、布団みたいなのを求めて来て、その上で寝てくださると、実にうれしい。マタタビを与え、チャーリーが喉をゴロゴロいわせりゃ、こっちも気が落ち着く。』(p125〜128)

『ナニナニに「はまる」という。ぼくは確実に猫にはまってしまった。(中略)夜中、チラッと猫を見受けると、しばらく、その彼だか彼女だかについて考える。その幸を祈る。猫をよけて川に墜落しかけたトラックのドライバーを尊敬する。』(p.109)

これほど猫に魅惑されていながら、野坂氏らしい(?)無精さにも笑いを誘われる。

あるとき妻が、くしゃみをするネージュを獣医につれていった。病院の妻から電話があった。ユメも連れてくるようにという。
野坂氏は、しかし、ユメとクラ太の区別がつかない。この二匹はそっくり親子。多分こっちと決めて、伴ったら間違えた。母猫ユメではなく、息子のクラ太を連れて行ってしまったのだった。妻には『何年一緒にいるのよ、まだ判らないの』とあきれられ、クラ太は要らぬ注射をされてしまった。

ネット情報によると、野坂氏は現在、闘病中だそうです。
またお元気な姿をテレビで拝見できることを願います。

(2010.4.4.)
★面白さ4:猫度5:お奨め度4

 

【目次】
口絵

初めての猫「ダダ」
猫の棲み家
棄てられた仔猫
元気なチャーリー
寝ている猫を見ていると・・・
動物と人間の「死」
五十年前の猫
ハスキー犬と猫達
猫に教わること
猫達の面倒
アンジュのお産
行方不明のチャーリー
帰還したチャーリー
酒好きな猫
猫の形容
庭仕事と猫
拾ってきた黒猫
飼い猫の病気
ジジの寂しさ
無精な主と犬と猫
ネージュの死
飼い猫の死
猫の食事と怪我と
チャーリーの「フリ」
「レッサーパンダ」の一家
猫缶と夏の凉
赤ん坊と猫
家の改築で猫達は・・・
得体の知らぬ生きもの
ジジの後遺症
轢死した猫
鳥と猫のふるまい
猫を描く
猫本来の姿
動物との相性
愛猫家のエッセイ
犬や猫とのつき合い
セキュリティ・キャット
商店街の招き猫と神戸の猫
ジジとチャーリーとヒマラヤン

*****著者プロフィール(本著より)*****
野坂昭如(のさか あきゆき)
昭和5年(1930)、神奈川県鎌倉に生まれ、養子にゆき神戸に育つ。戦災で養父母を失い孤児となる。実家にひきとられ、旧制新潟高校から早大仏文科に進み、昭和32年中退。その間各種職業を転々、CMの作詞者を経て、『エロ事師たち』で作家として自立。昭和43年『アメリカひじき・火垂るの墓』で第58回直木賞を受賞。『骨餓身峠死人葛』『騒動師たち』『てろてろ』『一九四五・夏・神戸』など多数の小説のほか、『漂泊の思想』『おたがいの思想』などのエッセイ集がある。
***********************************

※野坂昭如オフィシャルホームページ
http://nosakaakiyuki.com/

 

【紀伊國屋書店】→ 「 吾輩は猫が好き 」
【楽天ブックス】→吾輩は猫が好き

猫の随筆・エッセイ(日本)
「の」から始まる著者
「わ」から始まる書名

夏目漱石と『吾輩は猫である』をめぐる書籍

  

猫バナー

Google
Web このサイト内

索引
旧ジャンル別


猫本(旧)
小説(日本)
小説(海外)
推理小説(日本)
推理小説(海外)
随筆(日本)
随筆(海外)
古典・伝承文学
詩歌・短歌・川柳
大人の絵本(日本)
大人の絵本(海外)
ネコを知る(日本)
ネコを知る(海外)
獣医学
獣医論・エッセイ
動物愛護・保護
人畜共通感染症
飼育書
法律
写真集
絵画集・版画集
児童文学・童話
絵本・幼児本
図鑑
マンガ
猫雑誌
その他

猫番外編
小説
エッセイなど
その他の猫本

野生のネコ科
小説
エッセイ・ルポ等
ネコ科を知る
図鑑
その他

猫以外の動物の本
猫/動物映画
一般の本
猫の名前一覧表


猫短歌・猫俳句・猫川柳
投稿猫画像・マンガ
猫砂レポート
同居の工夫
猫事典!
キャットタワー


里親募集掲示板


インターネット書店街


*** ***


猫
猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

☆☆☆