猫とネコとふたつの本棚猫の随筆・エッセイ(日本)町田康「猫にかまけて」 
書評ページタイトルイメージ
猫の里親バナー
猫の里親バナー


「 猫にかまけて 」    
町田康
 (まちだ こう)

講談社   
2004年出版   NDC:914.6  
252p 19cm(B6)
ISBN:4062126745
登場ニャン物=ココア、ゲンゾー、ヘッケ、ナナ(奈奈)


【推薦:かお様】

パンク・ミュージシャンであり、詩人、作家である町田康氏の「猫にかまけて」を読み始めました。
氏の猫との交流を、氏独特の感性で綴ったホロ苦くも、胸打つ内容です。
(2004.12.1)

     *    *     *

【推薦:猫まねき様】

『猫にかまけて』、私も買いました。(まだ半分くらいしか読んでいませんけれど)
雑誌『FRAU』の連載を1回読んだだけで「本が出たら必ず買う!!」と誓って発売を待ち望んでいました。

 町田康さんのほかの本は、“町田節”といわれるほど一種独特で正直言って普段は読まないジャンルなんですけれど、同じ“町田節”で猫のことを書くと、これが面白いんです。たとえば「猫の行動」の名付けのセンスといったら。猫を対等(年長猫は格上)の同居者と見ているところも好ましいです。

これ以上書くとネタバレになりそうですね。
ちなみに登場猫は、『ココア、ゲンゾー、ヘッケ、ナナ(奈奈)』です。
(2004.12.1)

     *     *     *

【推薦:たろん様】

猫手でも連載してませんでした?
雑誌購入時には読んでいましたが氏の病気猫に対する愛と苦悩に(これもネタバレ?)涙なしでは読み続けられませんでした。猫手では唐突に終わりましたが、それも氏の猫への愛の深さが原因かと勝手に推測してまた涙したものです。

でも全般にユーモアが漂って面白かったですよ。
(2004.12.1)

     *     *     *

【推薦:まり様】

かお様がこちらの掲示板で教えて下さった町田康氏の「猫にかまけて」届きました!書き込みを拝見してすぐTOPページから本を買い物カゴに入れたのは私です。

ネタバレがない程度に・・・

本の帯はいつも邪魔で捨ててしまう私ですが、この本のは捨てられませんっ!こんな帯は反則です。でも読みづらいのでカバーごとはずして読みました。
(2004.12.7)

     *     *     *

【推薦:きな様】

まりさんと同じ頃、私も・・・。
今日届いていまさっき読み終わりました。
涙ぼろぼろです。

中表紙というのか、ミルクココア色のあの紙色はココアちゃんに捧げた色合いなのかしら。
かおさん、猫まねきさん、たろんさん、お奨めありがとうございました。
『ノラや』 『ミーのいない朝』と並べておいておこうと思います。
(2004.12.7)

 

【紀伊國屋書店】→ 「猫にかまけて」
【楽天ブックス】→猫にかまけて

猫の随筆・エッセイ(日本)
「ま」から始まる著者
「ね」から始まる書名

猫バナー

Google
Web このサイト内

索引
旧ジャンル別


猫本(旧)
小説(日本)
小説(海外)
推理小説(日本)
推理小説(海外)
随筆(日本)
随筆(海外)
古典・伝承文学
詩歌・短歌・川柳
大人の絵本(日本)
大人の絵本(海外)
ネコを知る(日本)
ネコを知る(海外)
獣医学
獣医論・エッセイ
動物愛護・保護
人畜共通感染症
飼育書
法律
写真集
絵画集・版画集
児童文学・童話
絵本・幼児本
図鑑
マンガ
猫雑誌
その他

猫番外編
小説
エッセイなど
その他の猫本

野生のネコ科
小説
エッセイ・ルポ等
ネコ科を知る
図鑑
その他

猫以外の動物の本
猫/動物映画
一般の本
猫の名前一覧表


猫短歌・猫俳句・猫川柳
投稿猫画像・マンガ
猫砂レポート
同居の工夫
猫事典!
キャットタワー


里親募集掲示板


インターネット書店街


*** ***


猫
猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

☆☆☆