猫とネコとふたつの本棚人畜共通感染症)>荒島康友「ペット溺愛が生む病気」 
書評ページタイトルイメージ
猫の里親バナー
猫の里親バナー


 ペット溺愛が生む病気 
    しのびよる人畜共通感染症 

荒島康友  
(あらしま やすとも)

講談社ブルーバックス   
2002年   NDC:493
ISBN: 4062573768  


 

【推薦:管理人】
人畜共通感染症(ズーノーシス)について、素人にもわかりやすく書いた本。

「第1章 変貌する感染症」は、ズーノーシスについての一般的な知識が書いてある。そもそも感染症とはどういうもののことか。病原体はどこにいるのか。どうしてペットからうつるのか。

「第2章 身近に迫る人畜共通感染症データ<各編>」では、主な感染症をひとつひとつ取り上げて説明している。例えば、狂犬病。日本では現在狂犬病は撲滅されたことになっている。が、安心して良いのか?狂犬病が見られないのは、日本、韓国、旧西ヨーロッパ諸国の一部、オーストラリアの一部、ニュージーランド、東南アジアの一部の諸島くらいである。アメリカ合衆国でさえ、まだ狂犬病の撲滅には成功していない。なぜか。

狂犬病には2種類ある。都市型と森林型。都市型はイヌを感染源とする狂犬病で、だから予防接種などを積極的に行うことで日本やイギリスではなくすことが出来た。が、今でも世界の多数の国々では患者数が多い型である。それに対し、森林型では、キツネ・オオカミ・コウモリ・アライグマなど野生動物が感染源となる。これはなかなか駆除できない。

日本では動物の輸入に関する規制が信じられないほど杜撰で、まったくの野放し状態といっても過言ではないほどだ。いつ狂犬病が日本に再輸入されても不思議ではないのである。

恐ろしいのは、狂犬病は人にも感染するということ。感染すればほぼ100%死ぬということ。生前診断が不可能に近い病気である上、今の日本には、狂犬病を診たことのある医師はほとんどいない、つまり経験による診断も出来ないということ。世界中では、現在でも毎年4〜5万人も死亡しているそうだ。安易で無責任なペットブームが続く限り、いつ日本で狂犬病が大流行してもおかしくないのである。

「第3章 情報簿総で身を守る−知るワクチン」では、だから、感染症ついて勉強し対策を知ることで、感染しないように対処しましょうという章である。野生動物に触れない、飼わない。飼育環境を清つ。等々。

荒島氏の書いていることはすべてもっともなのである。感染したくなければ、犬を触るたびに石けんで手を洗い、台所や食堂には動物を入れず、猫と一緒に寝るなんてもってのほか。部屋はいつも掃除・換気し、ヒトと「動物」のけじめをはっきりとつけろ、と。

はいはい、仰るとおりです、と、本を読む私の膝には、猫。甘えて私の手や顔をペロペロ舐めている。猫を台所から閉め出せるような設計の家ではないし、そもそも私にはそんな気は全然ない。人畜共通感染症が怖いことはわかった。が、人ヒト感染症の方がもっと感染力が強力で恐ろしいのは自明のことである。人畜共通感染症を恐れて動物たちを排除するなら、まずあらゆる人間を排除しなければつじつまが合わない。

こういう本を読んで知識を蓄えておくことは、非常に大切なことだとは思う。いざというときのために。が、あまりに神経質になる必要はないと思う。

荒島康友氏は、日本大学医学部勤務の医学博士で獣医師。

(2003.7.12)
★情報度4:読みやすさ4:お勧め度3

【楽天ブックス】→ペット溺愛が生む病気
【紀伊國屋書店】→ペット溺愛が生む病気

 

 

人畜共通感染症
「あ」から始まる著者
「へ」から始まる書名

猫バナー

Google
Web このサイト内

索引
旧ジャンル別


猫本(旧)
小説(日本)
小説(海外)
推理小説(日本)
推理小説(海外)
随筆(日本)
随筆(海外)
古典・伝承文学
詩歌・短歌・川柳
大人の絵本(日本)
大人の絵本(海外)
ネコを知る(日本)
ネコを知る(海外)
獣医学
獣医論・エッセイ
動物愛護・保護
人畜共通感染症
飼育書
法律
写真集
絵画集・版画集
児童文学・童話
絵本・幼児本
図鑑
マンガ
猫雑誌
その他

猫番外編
小説
エッセイなど
その他の猫本

野生のネコ科
小説
エッセイ・ルポ等
ネコ科を知る
図鑑
その他

猫以外の動物の本
猫/動物映画
一般の本
猫の名前一覧表


猫短歌・猫俳句・猫川柳
投稿猫画像・マンガ
猫砂レポート
同居の工夫
猫事典!
キャットタワー


里親募集掲示板


インターネット書店街


*** ***


猫
猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

☆☆☆